• No.1株式会社ホープス

    東京の狭小住宅会社ホープスのイメージ

    Official WebSite

  • No.2パパママハウス株式会社

    東京の狭小住宅会社パパママハウスのイメージ

    Official WebSite

  • No.3株式会社渡辺ハウジング

    東京の狭小住宅会社渡辺ハウジングのイメージ

    Official WebSite

HOME » 狭小物件の施工事例まとめ » 猫も快適に!狭小住宅に最適なキャットタワーを選ぼう

猫も快適に!狭小住宅に最適なキャットタワーを選ぼう

狭小住宅での猫の運動不足解消には、キャットタワーの設置を

キャットタワー

狭小住宅では、猫が思いっ切り遊びまわれるスペースは少なくなりがち。

十分な運動ができないと肥満になってしまい、ますます動かなくなるという悪循環に繋がります。

人間と一緒で、猫にとっても肥満は万病の元。内臓機能を弱めたり、骨や筋肉の衰えが早まってしまいます。

運動不足を解消するため、狭小住宅で暮らす猫には楽しく安全に遊べるキャットタワーを設置してあげることが必要です。

猫に運動と遊びの場を。キャットタワー選びのポイント

狭小住宅で猫のためのキャットタワーを選ぶ際に考慮したいポイントを5つご紹介します。

設置できる奥行きがあるか

キャットタワーはどうしても高さが必要になります。

そのため、猫が飛び乗っても倒れないように土台は広めに造られていることも多く、狭小住宅で設置する場合はかなりの奥行きを取ってしまうかもしれません。

ツッパリ棒の要領で天井に固定することで狭い奥行きでもしっかりと取りつけられるものや、壁に直接足場を取りつけるタイプの狭小住宅向けキャットタワーも発売されています。

あまり奥行きに余裕がないなら、このようなタイプも検討してみましょう。

十分な高さはあるか

狭小住宅では何か物を置こうとする時、横のスペースに場所を取るような置き方は避けたいと思うでしょう。その場合はスペースを上へと広げることになります。

キャットタワーにはロータイプのものもあれば、天井まで届きそうなハイタイプもあります。部屋の環境が許す限り、高さのあるキャットタワーにしてあげると、基本的に高いところが好きな猫は喜ぶかもしれません。

もし高齢の猫で、高いところから落ちるなどの危険がある場合は、猫にとって安全な高さのキャットタワーを選びましょう。

外が見えるか

猫は、外の風景をじっと眺めるのも好きですよね。

できれば、キャットタワーを窓のそばに置いてあげて、猫が外を観察できるようにしてみましょう。

完全室内飼いの猫にとってはストレス発散にもなりますし、キャットタワーを自分のお気に入りの場所にしてくれるかもしれません。

猫が喜びそうなアトラクションはあるか

猫の好みそうなアトラクションが付いているキャットタワーを選ぶのもポイントです。

例えば、狭い所で隠れて丸くなるのが好きな猫であれば隠れ家のついたものを、ハンモックに揺られるのが好きな猫にはハンモック付きのものを選びます。狭い筒のようなところに入り込むのが好きな猫には、筒型の細い通り道など。その子の個性に合わせて、喜びそうな仕掛けがあるものを選びましょう。

あまり高いところに積極的に登ってくれない慢性運動不足の猫なら、キャットタワーの中間やてっぺんに好きなおやつやおもちゃを設置するのも手かもしれません。

日曜大工が得意な飼い主さんであれば、お手製のキャットタワーに愛猫の好みを詰め込んだオリジナルの仕掛けを加えてあげるのも良いかもしれませんね。

猫が好みそうな素材で出来ているか

市販されているキャットタワーの多くは、起毛のようなフカフカとした手触りの素材が張られています。往々にして猫が喜ぶ素材のようです。

居心地の良いキャットタワーにするためには、素材も大切。猫が好みそうな素材を選びましょう。

デザインに妥協しない東京の狭小住宅会社12選

狭小物件の施工事例まとめ

狭小住宅を建てる際にこだわりたいこと

初めて狭小住宅を建てる人が知っておきたいこと