• No.1株式会社ホープス

    東京の狭小住宅会社ホープスのイメージ

    Official WebSite

  • No.2パパママハウス株式会社

    東京の狭小住宅会社パパママハウスのイメージ

    Official WebSite

  • No.3株式会社渡辺ハウジング

    東京の狭小住宅会社渡辺ハウジングのイメージ

    Official WebSite

変形地の狭小住宅の施工例リスト

変形地の狭小住宅の施工例

変形地に建てられた狭小住宅について、全国から施工例を集めました。

8坪の変形地で木造2階建スキップフロア(大阪市西区)

変形地の狭小住宅の施工例 変形地の狭小住宅の施工例

画像引用元:SuMiKa
https://sumika.me/works/8e88d2650c42b09eea25cd936b163b0f25481c42

交差点の一角に当たる、わずか8坪の変形地に建てられた個人住宅。
周囲には昔ながらの商店や工場が建ち並び、近隣には有名施設や大型商業施設もある、
生活環境としては抜群の立地です。

敷地面積が狭く、予算も1500万円と限られている中で、個性的な家を求めて
様々なプランが検討された結果、在来木造2階建てスキップフロアが選択されました。
インナーガレージや屋上テラスを設置しながら、高さ4mの吹き抜けを効果的に使うことで、
各部屋の採光性と開放感をキープし、家としての暮らしやすさが追求されています。

旗竿地に建てられた中庭を持つ家(東京都)

変形地の狭小住宅の施工例 変形地の狭小住宅の施工例

画像引用元:SuMiKa
https://sumika.me/works/67ff2483f6155d17d80f3fcc9a0c0e98ec541c5e

敷地の周りを住宅に囲まれた、約21坪の旗竿地に建てられた家。
敷地の一辺だけに開けた部分があり、そこに中庭を設けることで、
狭小変形地でありながら、開放的な住まいが実現されました。

中庭から家へと続く縦のラインと、1階から上階へつながる螺旋階段の縦のラインとを組み合わせ、
吹き抜けを中心に各部屋を配置することで、
自然の明るさと家族同士の自然な交流を融合に成功しています。

また、借景として隣家の庭に植えられた桜の木を活用していることも、
狭小変形地で個性的な家を生み出すアイデアの1つといえるでしょう。

旗竿地でありながら開放的な空間を持つ家(兵庫県西宮市)

変形地の狭小住宅の施工例 変形地の狭小住宅の施工例

画像引用元:ザウス株式会社
https://www.zaus-co.com/case/narrowness/b014.html

周囲を住宅に囲まれ、唯一外へ面した部分も間口が狭い、狭小変形地にある家。
1階の大部分を大胆に駐車スペースや庭として活用し、家全体を持ち上げることで、
車の取り回しや採光性にもこだわった地上3階建ての家が実現しています。
旗竿地でありながら、むしろ周辺の家よりも開放感のある家が完成しました。

工法には鉄骨造が採用されており、建築面積およそ18坪の変形地でも、
工夫次第でデザイン性や快適性に妥協しなくて良いと示す好例です。

三角形の狭小地に建つアーティストの家(東京都練馬区)

変形地の狭小住宅の施工例 変形地の狭小住宅の施工例

画像引用元:クレバリーホーム城東店
https://cleverlyhome.tokyo/item-case/case23/

練馬区にある、道路に面した三角形の狭小地に建てられた、個性的な家。
交通アクセスの良さを重視して選ばれた狭小変形地ですが、
事前に土地環境を調査して、施主と綿密な打合せを重ねることで、
居住性とデザイン性を両立する家が完成しました。

三角形の建物の一方をタイル壁とし、別の面に大きな窓を配置することで、
スタイリッシュでメリハリの効いた外観を実現。
室内を自然光で満たした明るい生活空間を叶えつつ、
屋上テラスを設けて、眺望にこだわっている点も魅力です。

狭小変形地にはどんなタイプがある?

都会のデッドスペースを活用して家を建てる狭小住宅では、その土地が建物を建てやすい正方形や長方形でなく、三角形やくの字形といった、変形地であるケースも少なくありません。また、狭小変形地にも複数のタイプがあり、それぞれに適した工法や設計プランを選択することが、理想の家を実現するためには不可欠です。

一般的に、変形地の代表例としては以下のようなものが挙げられます。

・旗竿地
・三角地/台形地
・傾斜地

ここからは、それぞれの狭小変形地の特徴や、どのような家づくりが可能か。押さえておきたい注意点などについて項目ごとに紹介していきます。

旗竿地

「旗竿地」とは、周囲を住宅などに囲まれており、土地が道路から入り込んだ場所にある土地を指します。旗竿地の場合、道路から玄関までの距離が長く、道路に面した部分の間口が狭くなりやすい点がデメリットとして挙げられます。その一方、家族のプライバシーに配慮した家を建てやすく、さらに玄関までの通路や空間を軸にしたデザイン設計により、高級感があり現代的な家を建てやすいといったメリットもあります。

周囲を背の高い建物に囲まれている場合は、天窓を設けたり、上階に大きな窓を設けたりすることで、採光への工夫も可能です。なお、道路に面した開口部分については、幅2m以上を確保することが必要となっています。

三角地/台形地

「三角地」や「台形地」とは、文字通り土地の形状が三角や台形など、変則的な土地を指します。

土地面積に十分な余裕がある場合、三角地や台形地でも問題ありませんが、狭小地であればデッドスペースを減らして最大限に土地活用するために、機能面やデザイン面で無駄のない設計プランが欠かせません。そのため、三角地や台形地に建てられる狭小住宅は、設計士の実力次第で、独創的で個性的な家づくりを楽しめることも魅力の一つです。

傾斜地

傾斜地は、山沿いや丘に面したエリアなど、傾斜している土地を指します。傾斜地では、屋上や窓から周囲の眺望を楽しみやすく、開放的な家を建てることが可能です。また、土地の高低差を活かして、地下や半地下を使い分けたり、スキップフロアを取り入れたりといった工夫もしやすいでしょう。

しかし、基礎工事をきちんと行わなければならず、地盤の状況によっては建築コストが高くなってしまう可能性もあります。

変形地活用で重要なポイントは「広さ」の確保

シンプルな家づくりを行いにくい狭小変形地では、少しでも無駄のない空間活用が重要です。そのため、土地の形状に合わせて斜め壁を利用するなど、限られた敷地面積を有効利用する工夫が大切。また、専用の家具をセットで製作してもらう方法も狭小住宅で快適な暮らしを送るうえで有効だと言えるでしょう。

しかし、あまりにも空間に部屋を詰め込み過ぎると、周囲を建物に囲まれている土地などにおいて、日当たりや風通しが悪くなるといったデメリットも生じます。場合によってはあえて坪庭や中庭を設けることで、光を取り入れる空間を確保する工夫も重要です。

狭小変形地の防災対策や安全性は?

旗竿地のように、道路に面している部分が限定されている狭小変形地では、万が一の場合に備えて避難経路や動線を意識した設計も大切になります。

また、少しでも採光を確保するために大きな窓をたくさん使用したり、個性的なデザインの家を建てたりする場合、最適な工法や素材選びによって耐震性を十分に確保することも重要です。

変形地に住宅を作る際に注意しておきたいその他のポイント

狭小変形地に家を建てる場合、そもそも住宅建築が可能かどうかにも気をつけなければなりません。

例えば、入り組んだ住宅地にある旗竿地では、家を建てるための重機やトラックが進入しにくいケースもあります。そのような場合、トラックから人力で資材を運搬しなければならず、別途費用が発生する可能性も考えられます。仮に土地代が安かったとしても、結果的に人件費がかさんで、一気にコストパフォーマンスが悪い家になることもあるでしょう。

特に、狭小変形地での住宅建築に慣れていない会社では、ノウハウが不足しており、余計な費用の追加も考えられます。

狭小変形地に家を建てる場合、まずは専門家と一緒に現地や周辺環境をきちんと視察・確認した上で、最適な建築プランを相談することが必須です。

安心して変形地に狭小住宅を建てるには?

狭小変形地に家を建てるうえで、施工実績が豊富で、変形地の狭小住宅建築に慣れている業者を見つけることが欠かせません。しかし、単にその業者が慣れているからと安心するのは危険です。

狭小変形地はそれぞれに特性があり、またそこで暮らす家族の事情やこだわりも様々です。そのため、実績が豊富だからといって、一方的に設計プランや建築プランを押しつけてくるような会社では、信頼関係の構築も難しいでしょう。

東京には狭小変形地も多く、上手に活用できれば選択肢が広がります。過去の経験を活かしながらも、あくまでも施主の現在や未来について考えながら家づくりを行ってくれる、信頼できる狭小住宅会社を探すようにしてください。

デザインに妥協しない東京の狭小住宅会社12選

狭小物件の施工事例まとめ

狭小住宅を建てる際にこだわりたいこと

初めて狭小住宅を建てる人が知っておきたいこと