• No.1株式会社ホープス

    東京の狭小住宅会社ホープスのイメージ

    Official WebSite

  • No.2パパママハウス株式会社

    東京の狭小住宅会社パパママハウスのイメージ

    Official WebSite

  • No.3株式会社渡辺ハウジング

    東京の狭小住宅会社渡辺ハウジングのイメージ

    Official WebSite

HOME » 狭小物件の施工事例まとめ » 狭小住宅で書斎を作り楽しむ方法と事例を紹介

狭小住宅で書斎を作り楽しむ方法と事例を紹介

狭小住宅であっても、ちょっとした工夫を加えることで書斎を楽しむことができます。ここではその方法とアイデア、事例、お悩みと回答を紹介します。

狭小住宅で書斎を楽しむためのアイデア

リビングの一部を書斎コーナーにする

書斎を持つというと、つい専用の部屋を作ることを考えますが、それ以外の方法でも書斎を持つことはできます。例えば、リビングの一角にスペースをとり、その部分を書斎コーナーにすることです。こうすれば専用の部屋を作る必要がなくなり、かつ狭小住宅の中に書斎を出現させることができます。しかもこの方法なら書斎をオープンなものにすることができ、リビング機能とドッキングした多機能型の書斎にできます。ポイントは、専用の部屋を作るのではなく、別の目的で作った部屋の一部を書斎コーナーにするという点です。このように柔軟に発想の転換をすれば、狭小住宅でも書斎を持つことができるのです。

家具の一部にデスクをこしらえて書斎を誕生させる

壁書斎

書斎に必須な家具といえば机ですが、狭小住宅で机を置くスペースがないという場合もあるでしょう。そういうときは、収納棚や書棚の一角を改造して、家具と一体になったデスクを作ることです。引き出せるタイプにすれば新たにスペースを取る必要はありませんし、同様に椅子も収納きるようにすれば邪魔になりません。新たに導入するという発想ではなく、すでにあるものを改造してデスクに作り変え、書斎を誕生させるという方法です。デスクや椅子を自分の体形に合う高さに調整したり、他にも細かい工夫は必要ですが、オリジナルの書斎ができることを考えれば、そうした作業は楽しいひと時となるはずです。

スペースを高さのある書棚で仕切る

狭小住宅で新たな部屋は作れないから、リビングやダイニングの一部に書斎スペースを作る場合、スペースを設けるだけでは満足できず、空間を仕切って部屋っぽくしたいという人もいるでしょう。そういうときは、天井にまで達する高い幅広な書棚を使うことをおすすめします。こうすれば単に空間を仕切って部屋を出現させるだけでなく、書棚の雰囲気が書斎らしさを演出してくれます。加えてライトや壁面、床の素材や色もそれっぽいものにすれば、ますますリビングやダイニングと切り離された空間が作れるでしょう。

クローゼットを書斎にアレンジ

これも思いきったアイデアですが、寝室のクローゼットを書斎にアレンジするという方法もあります。狭小住宅とはいえ寝室にはクローゼットがあるはずですが、その一角にスペースを確保できれば書斎を出現させることができます。専用部屋のように広々とした空間を作ることはできませんが、壁に横付けできるデスクを設置したり、余分なものは置かないなどの工夫をすることで、十分に独立した書斎部屋を完成させることができます。クローゼットなので閉鎖的な空間になりますが、逆に隠れ家的な雰囲気が増し、プライバシーのある書斎になって、集中力は高まります。

こだわり派の狭小住宅会社ナビ東京版を見る>>

狭小住宅で実現した書斎の事例

狭小住宅でも立派な書斎を持つことはでき、またアイデアを駆使して楽しむこともできます。ここでは、限られた空間の中でアイデアを駆使して見事な書斎を完成させた、実際の事例を紹介します。

わずか2畳とは思えない広がりのある書斎

スキマのある家
画像引用元:SUVACO
https://suvaco.jp/project/QQm2OBtudT#R9FvkbP7HD

こちらはわずか2畳のスペースに作られた書斎ですが、2畳とは思えないような広がりとくつろぎを感じることができます。そのからくりは、一つは高さのある窓に面してデスクを設置していること、そして天井まで届くような高い本棚で仕切ることにより、横ではなく縦への広がりを意識させていることです。

スペースといえば横への広がりを意識させられがちですが、その注意を縦に向けさせることで、2畳でもスケール大の書斎を作ることに成功しています。

狭いスペースが逆に利便性の高い書斎に

リゾートホテルのような贅沢空間
画像引用元:SUVACO
https://suvaco.jp/project/7STKaDxvfs#h57H1W00gY

同じく狭小住宅に設けられた書斎ですが、実に面白い逆転の発想が見られます。それは、狭い空間を利用して高機能な書斎を作り上げることです。見るからに部屋が狭いのは誰にでも分かると思いますが、その中にあえて容量の多い本棚が設置されています。

なんと邪魔な・・・と思うところですが、実はこのレイアウトが味噌で、本棚とデスクの間隔が狭いので、椅子に座ったままでも本が取り出せるのです。このように、狭さを生かして書斎の機能性と利便性を高めているところは、大いに参考にできるでしょう。

シンプルな区画とダウンライトで広さを演出した書斎コーナー

家族の成長とともに変化できる自由な家(武蔵浦和のリノベーション)
画像引用元:SUVACO
https://suvaco.jp/project/5dY0JIbyOe#kquqWKdkjC

専用ではなく部屋のコーナーに棚を設置して作り上げた書斎スペースです。ポイントはシンプルなコの字型の区画と、天井に仕込まれた違和感のないダウンライト。この二つのさりげない工夫により、広さと温かみのある書斎が完成しています。この写真を見て窮屈さを感じることはありませんし、かえってくつろぎやすさが伝わってくるのではないでしょうか。

廊下の突き当りを書斎に

本所の家
画像引用元:SUVACO
https://suvaco.jp/project/pi4KqUqmjW#ljUjwqPNbt

狭小住宅でも書斎はいくつも持てる・・・そのお手本のような書斎です。見ての通り、廊下の突き当りに申し訳程度のデスクが設置され、決して広くはありませんが、正面に窓を取り付けて開放感を与えることにより、見事に窮屈感を解消しています。

しかも窓が目線の高さにあるというのがポイントです。こうすることで、視線がぶつからず自然に抜けていきます。また上方には3段の棚も設置して、機能性も満たしています。

狭小住宅でも書斎は持てるし楽しめる!

ここまで紹介してきたアイデアや事例を通して、狭小住宅でも書斎が持てること、楽しめることが分かったでしょう。ここでは、これから狭小住宅の中で書斎を持ちたいと思ってる人の悩みと、それに対する役に立つ回答を紹介します。

サイズとレイアウトをバランスよく考える

Q.畳一枚ほどの狭いスペースに書斎を作りたいのですが、どんな工夫が必要でしょうか?

A.狭いスペースに書斎を作る場合は、設置する家具のサイズとレイアウトを工夫することです。例えば、デスクはなるべく奥行きの狭いものにし、幅も最小限で、なおかつ収納棚と一体になったものを選びましょう。こうすれば、スペースの無駄を省くことができ、デスク以外の家具も置けるようになり、書斎らしい雰囲気を作るための要素を増やすことができます。ただし、見た目だけのなんちゃって書斎ではなく、実際的な利用価値の高い書斎にするなら、デスクのサイズは単に小さくすることだけでなく、自分の体型や作業内容に合ったものにしなければなりません。そして、サイズとレイアウトのバランスを考慮することが重要になってきます。書斎の目的に合わせて、どのぐらいのサイズの家具を、どのように配置するか、それを入念に検討してください。

狭小スペースに広がりを与えるコツ

Q.狭小住宅ですが階段下にスペースが確保できたので、ここに書斎を作りたいと思っています。なにか注意すべきことや一工夫できることはありますか?

A.階段下に書斎を設ける場合は、階段に向かってデスクを配置するのが一般的なので、正面に窓を設置することはできません。したがって、可能ならデスクの横に窓を付けて採光できるようにするといいでしょう。一方、階段下は夏場はひんやりして快適ですが、冬場になると寒さが身に沁みます。そこで寒さ対策として、蓄熱暖房機を取り付けることをおすすめします。そうすれば冬場でも暖かい環境のなかで作業に没頭することができます。

なお、階段は蹴込板をなくしたものにすれば、窓がなくても広がりを与えることができますので、こちらも可能ならチャレンジしてみてください。

デザインに妥協しない東京の狭小住宅会社12選

狭小物件の施工事例まとめ

狭小住宅を建てる際にこだわりたいこと

初めて狭小住宅を建てる人が知っておきたいこと