• No.1株式会社ホープス

    東京の狭小住宅会社ホープスのイメージ

    Official WebSite

  • No.2パパママハウス株式会社

    東京の狭小住宅会社パパママハウスのイメージ

    Official WebSite

  • No.3株式会社渡辺ハウジング

    東京の狭小住宅会社渡辺ハウジングのイメージ

    Official WebSite

HOME » デザインに妥協しない東京の狭小住宅会社12選

デザインに妥協しない東京の狭小住宅会社12選

東京で狭小住宅を建てるならココ!デザイン性・技術力・口コミ評価の高い12社をピックアップして紹介します。

東京の狭小住宅にこだわる会社12選

東京にある狭小住宅を得意とする会社12選東京にあって狭小住宅を手がける会社のなかで、デザイン力・技術力に長けた12社をピックアップして紹介。

狭小住宅は、一般的な住まいのように1社のハウスメーカーが設計からデザインまで手がけるケースは少ないようです。

設計力、デザイン性の高さ、構造性など専門的な知識と技術を伴うため、建築家・工務店は別々に依頼し、それぞれのプロフェッショナルがコラボレーションして建築するケースが多くなります。

もっとも多いのが、工務店が窓口となり建築家にアポを取ってプランをコンペさせるという進め方。逆に建築家(一級建築事務所など)が窓口で、工務店に入札して施工力や価格から選ぶという進め方もあります。

また、窓口は仲介業者で設計士や工務店と施主をマッチングさせるケースも。仲介業者は土地探しもサポートしてくれる場合が多く、場所選びから始める人にはいいかもしれませんね。

いずれも東京の狭小住宅プロフェッショナルとして活躍する人ばかり。ここで紹介する会社も凄腕を持つ会社です。ぜひ参考にしてください。

■ホープス(工務店+設計事務所)

デザイン・コンセプトは、「東京の我が家でグランピング」。楽しみや安らぎ、かっこよさ、わくわく感、そして安心感などが得られる住まいをイメージしたデザインを心がけている。小さな家でも、自分に合った自分らしい暮らし方ができるよう、家づくりをサポートする。建築方法として採用しているSE構法(重量木骨の家)は、構造的に鉄骨のような特徴があるため、木造ながらも高い安全性が確保されている。また、引き渡し後、も継続的にプロの技術でしっかりと家の状態をチェックするなど、アフターサポートも充実

このページでは、ホープスオリジナルの提案方法である「noie(ノイエ)」についてより詳しく解説。また、ワンストップで家づくりができる仕組み、木造建築最先端構法についてもご紹介。

施工事例では述床面積108.21m2と、74.24m2のSE構法の家2例をピックアップ。可能な限り大きく、広く見える部屋や、自然と一体化した家を写真付きで掲載。

施主からは、ホープスで建てたSE構法の家の良さが評判として挙がっている。住んでみたときの快適さ、そしてミリ単位での施工などホープスの技術力の高さを評価している。

  • ホープスの所属建築家を紹介
    ホープスの代表でもある一級建築士の清野廣道氏は、現場管理の出身。そのためデザインだけでなく、施工の品質にも強いこだわりを持っています。どんなにおしゃれなデザインでも、実際に建築するときに技術力や施工力が足りていないと、良い家を建てることはできません。他の建築家から施工を依頼されることもあるほど、職人としての高い技術力を持っているのが清野氏の強みです。
    デザインに関しては、素材感のある心地よい空間作りを得意としています。限られた敷地の中でも、風・光・緑を感じる心地よい空間を提案。施主の望むライフスタイルをきちんとヒアリングしたうえで、ぴったりとフィットする提案をしてくれる建築家です。
  • ホープスの狭小住宅に関する口コミを紹介
  • Nさん
    ホープスで数年前に狭小住宅を建てました。都内にある15坪ほどの狭小地で、建坪は9坪です。建築時にはホープスだけでなく、地元工務店や9坪ハウスで有名な会社にも行き、金額出しなどかなり踏み込んだところまで相談しました。ホープスにしたのは、安心なSE構法で、金額提示もいちばん明確だったからです。小さな家ですが、遊び心のある楽しい住処ができたと思います。
  • Kさん
    ホープスに依頼して自宅を建てました。建築中の様子を何度か見に行きましたが、担当してくれた職人さん全員が誠実に仕事をしてくれていて、頼もしかったです。きっとホープスの監督さんや設計士さんと、現場の職人さんの関係がいいからでしょうね。今後もホープスさんのステキな家を見てみたいと思います。
  • Tさん
    予算が少ない中でも水周りにはこだわりたかったので、いろいろと要望を出させてもらいました。金額以上に見えるキッチンや洗面台、浴室を提案していただき、満足しています。安価なものでも組み合わせ次第で、高級住宅のように見えるものなんだなあと感心しています。
会社名 株式会社ホープス
所在地 東京都世田谷区尾山台3-24-6

株式会社ホープス

■ベルクハウス(ハウスメーカー)

コンペ方式で建築家を決定するユニークな取り組みで知られている。施主の要望に最低3人の建築家がプランニングする。建築家の数は50名以上に上り、洗練されたデザイン性はもちろん、安全面やメンテナンス性なども含めた、住み心地の良さにもしっかりと配慮することが可能。木製素材で家屋の骨組みをつくる在来軸組工法での建築を行っている。建物の長さを好みに合わせて設定できるため、他の工法と比べると自由度が高いのが特徴。狭小地での建設でも柔軟に対応できるほか、部分的に修繕や改築が行えるメリットもある。

このページでは自社責任施工のメリットや、施工主からの評判を交えてベルクハウスの特徴をご紹介。コンペ方式という独特のプランニングが自分に合うかどうか、その具体的な方法や評判から判断が可能。

施工例では、木造の在来軸組工法で建てられた東京都の住宅を写真付きでご紹介。どちらも洗練された解放感あふれるオリジナルな家となっている。ベルクハウスにプランニングを依頼するときの参考になる。

実際に東京都に家を建てた人の評判もご紹介。ファミリー向けに建築された住宅では、未来の子供部屋を視野に入れた家づくりができ、コンペによりいろいろな建築家のアイディアが見られるなどのメリットにより支持を得ている。

  • ベルクハウスの所属建築家を紹介
    ひとつの家を建てるために、3名以上の建築家がコンペ形式でプランを提案してくれるのがベルクハウスの特徴です。コンペに参加するのは、さまざまな建築事務所に所属する50名以上の建築家。中でも特に注目されているのが、2016年にベルクグランプリの最優秀作品を受賞した小林眞人氏です。商業建築からプロダクトデザインまで幅広く手がけています。なかでも、住宅建築においてはそこに住む家族の価値観や生活を第一に考えたプランを提案してくれます。また2015年のベルクグランプリ最優秀作品を受賞した横川大昭氏は、明るく開放感のある空間作りと、プライバシーの両立を意識した設計が特徴。自然素材を生かしたシンプルな家を立てたい人にもおすすめの建築家です。
  • ベルクハウスの狭小住宅に関する口コミを紹介
  • Aさん
    小さな土地を購入した後、最初は大手の不動産会社に家の設計を相談していたのですが、私の細かい要望に対してなかなかうまく対応してくれませんでした。そんなとき、土地を買ったときの不動産屋さんに紹介していただいたのがベルクハウスです。3人の建築家さんのコンペをおこなって、一番斬新で私の希望に合うアイディアを出してこられた建築家を選びました。
    建築家さんとは計14回におよぶ打ち合わせをおこない、とてもお世話になりました。建築中にも建築家さんが自ら何度も現場に足を運んでくれて、現場監督さんと入念に相談しながら作業を進めてくれていましたよ。もし友人が家を建てるなら、必ずベルクハウスをお勧めしますね。もちろん自分がまた家を建てることになってもベルクハウス一択です。
会社名 株式会社ベルクハウス
所在地 東京都立川市栄町4-2-98

株式会社ベルクハウス

■スモールハウス(住宅プロデュース業者)

独自に築き上げた狭小地の探索ルートを活かして、土地選びから建築家、工務店の選択まで、総合的に相談に乗っている仲介業者。あらかじめ、施主が数名のデザイナーと面談を行った上で、依頼したい1人を選ぶことができる。狭小地でも、中庭やバルコニーといった空間を設けることで、ゆとりを感じられる工夫をしている。外部からの力に強いSE構法を用いた建設を行っている。

このページでは、スモールハウスの建築家の特徴や実際の選出方法をご紹介。仲介料をとらずして施工主と建築家を結び付けるスモールハウスを選ぶことのメリットがわかる。

施工例では木造住宅のSE構法在来軸組工法の2例を掲載。3階建てながら35坪と広い延床面積を実現した施工例など、都内ならではの狭小住宅の参考に。

実際に家を建てた人の評判では、「狭い土地なのに広く感じ、採光もとれる住宅が建てられたこと、オリジナルに富んだ家にできた」などの感想がある。

  • スモールハウスの所属建築家を紹介
    スモールハウスで利用する建築デザイナーは、20以上の建築設計事務所に所属する建築家から選択することができます。
    その中の一人である細谷功氏は、東洋大学の非常勤講師も務めている一級建築士です。狭小住宅の設計にあたっては、外部空間の取り込みや、効率的な動線設計、適切な構造工法の選択といった点を重視。狭い土地でも広がりのある空間を作り、住みやすい家を提案してくれます。
    また石井井上建築事務所の井上牧子氏は、イリノイ工科大学建築学部で学んだ建築家です。小さい家だからこそできることを考えて、性能だけでなく、光や風、手足に触れる質感などの感覚的な部分にも配慮した快適な家を設計することを得意としています。
  • スモールハウスの狭小住宅に関する口コミを紹介
    口コミはありません。
会社名 有限会社スモールハウス
所在地 東京都杉並区和田3丁目59-10

有限会社スモールハウス

■パパママハウス(ハウスメーカー)

外観のデザインパターンだけでも、ナチュラルなプロヴァンス、ヴィンテージ調のニューヨーク・ブルックリン、パリにあるアパルトマン風のナチュラルフレンチなど、さまざまなスタイルに対応が可能。内装においては、豊富な経験を持つディレクターやデザイナー、インテリアコーディネーターが相談にあたる。建設には、2x4工法の強度を2.5倍を進化させた、2x6壁式工法を採用している。壁パネルと面で支えられる6面体の構造によって、地震や台風などの自然災害時にも、外部から加わる力に対して強さを発揮できるようになっている。

このページではパパママハウスのアフターメンテナンスや、そのデザイン性、長期にわたって住み続けられるなど、家づくりの特徴をご紹介。

パパママハウスは名古屋が本社だが、東京や大阪でも活動を広げている会社。施工事例では東京に建てられた3階建ての狭小住宅を、写真付きで載せている。

北欧テイストでデザイン性の高く、パパママハウス独特の家の雰囲気が写真からもわかる。どんな家を建てられるのか見たい場合はここで閲覧可能。

実際に家を建てた人からの評判では、価格メリットや制約フリーといった面が高評価に。家族で住みやすい家にできるなど、パパママハウスという会社名の通りの家づくりがされている。

  • パパママハウスの所属建築家を紹介
    パパママハウスの設計担当は、年代や性別の異なる3人の建築家。その中の一人である郷之丸隆広氏は、施主家づくりに対する想いを大切にしています。家族とどのように過ごしたいのか、手放せない大事なものは何か、そして日々の暮らしで何を重視するのか、といった想いによって、家の設計は変わってくるものです。そんな施主の想いをじっくりと時間をかけて汲み取り、設計に反映してくれます。
  • パパママハウスの狭小住宅に関する口コミを紹介
  • Iさん
    パパママで自宅を建築しました。営業マンの方が細かいところまで丁寧に教えてくれて、連絡もスムーズなので安心して打ち合わせを進められました。コーディネーターも毎回図面をコピーしてくれて、親切に対応していただいたと思います。こんなにワガママを聞いてもらってもいいのかな?という気持ちになるほどでした。全体的にとても満足しています。
  • Jさん
    実際に住みはじめて、断熱効果の高さに驚きました。夏は涼しいし、冬は暖かいので快適に過ごせています。楽しみながらコーディネーターの方と一緒に家をデザインしていくという感じで、満足できました。価格も安くおさえられましたし、今でもアフターケア等でいいお付き合いをしています。
  • Nさん
    パパママハウスで家を建てて、予想以上の仕上がりに満足しています。アルミサッシだと結露しやすいので内側が樹脂のサッシにしたほうがいい等、営業さんからいろいろとアドバイスをもらえました。今では結露のない快適な生活ができているので、アドバイスに感謝しています。
会社名 パパママハウス株式会社
所在地 東京都世田谷区東玉川1-27-11

パパママハウス株式会社

■イーハウスデザイン(工務店)

工務店・晃栄ホームのハウスブランド。「デザイナーズハウス1500」では、設計事務所と施工会社が協力し、狭小地でリーズナブルかつ洗練されたデザインの住宅を提供。建材などの仕様をパターン化するなどの工夫により、費用を抑えられるようにしている。そのため、妥協することなくハイクオリティのマイホームを建てることも可能。間取りをデザインする上で自由度の高い在来軸組工法を採用している。

このページでは実際に「デザイナーズハウス1500」での家づくりをご紹介。どんな狭小住宅が建てられるかどうか、イーハウスデザインの特徴や施工事例で確認可能。クオリティーを維持しつつ、リーズナブルな住宅が建てられることが施工例から分かる。

東京都豊島区の法規制の厳しい土地に建てられた家や、江東区といった都心でも光をたっぷり取り入れられる家などを写真付きで掲載。落ち着いたデザインであることが一目で確認可能。

施工主からの評判では、「都心でプライバシーを守りながら風通しのいい住宅ができた」という評価がある。子どもの遊び場もできるなど、都会の中心でも快適に過ごせる住宅づくりの参考になる。

  • イーハウスデザインの所属建築家を紹介
    イーハウスデザインを手がける工務店・晃栄ホームの代表である黒沼和晃氏は、大工出身の建築家。町の工務店で大工修行をした後、晃栄ホームを設立しました。大工の経験を積む中で、もっとお客さまの立場で考え、信頼してもらえる工務店が必要だと考えたことが、晃栄ホームを設立したきっかけだそうです。
    質の高い技術と誠実な対応が広まり、建築依頼をリピートする方も多くなっています。他の業者が嫌がるような変形地や狭小地の住宅建設をすすんで引き受けているので、狭小住宅のノウハウや実績を豊富にもっている建築家です。
  • イーハウスデザインの狭小住宅に関する口コミを紹介
    口コミはありません。
会社名 株式会社晃栄ホーム
所在地 東京都大田区北馬込2-54-15

株式会社晃栄ホーム

■フリーダム(設計事務所)

新築やリフォームを含め、さまざまな住宅設計を行っている設計事務所。施主のライフスタイル希望にできるだけ応えたデザインを行っている。建設に関しては、登録されている工務店で競争入札にかけるため、別途営業経費などが発生せず、コストダウンにつながっている。好みに合わせた空間づくりがしやすい木造の在来軸組工法を採用。アフターサポートも受けられるため安心。

このページではフリーダムによる東京での活動をご紹介。総合不動産会社に依頼することのメリットなど、全国NO.1実績のあるフリーダムを選ぶときの参考になる。

施工事例では木造の在来軸組工法で、建てられた家を2例掲載。外観と室内の印象が全く異なる家、変形敷地に建てられた空間を自由に変えられる家など、特徴ある家が建てられていることがわかる。

「価格がはっきりとわかり予算内に収められたこと、トタルサポートなうえ自由設計で、好みに合わせられる」などの点が評価を得ている。

  • フリーダムの所属建築家を紹介
    フリーダムは日本全国で住宅を設計しているため、建築家も多数所属しています。一級建築士の宇佐美愛氏は、フリーダムに所属する建築家の一人。女性の視点で、暮らしやすさに細かく配慮した設計をおこなってくれると評判です。
    例えばキッチンに関しては、調理器具の収納や調理場所の確保、ゴミ箱の設置場所など、使いやすさを考えて設計。洗濯機と物干しスペースの動線を短くする、持ち物の量に応じた収納スペースを作るなど、毎日の生活をより快適にするためのポイントを理解した提案をしてくれる建築士です。女性目線で使いやすい家にしたい、という方はぜひ相談してみてください。
  • フリーダムの狭小住宅に関する口コミを紹介
  • Tさん
    フリーダムで自宅を建てて、もう6年になります。今まで特に大きなトラブルはなく、デザインもいまだに飽きがこないのでよかったと思っています。友人を家に招くこともありますが、「うちもフリーダムにしておけばよかったな」と言ってもらえるほど好評ですよ。
  • Kさん
    フリーダムさんで家を建てて1年。実際に住んでみて、とても満足しています。初めは予算をあまり気にせずに理想プランを考えてみて、工務店見積りを出す段階で優先順位をつけ、予算内になるように削っていきました。フリーダムさんと工務店の連携がきちんとしていて、複雑な設計のところも工夫して作ってくださったので、建売を買わなくてよかったなと思います。
会社名 株式会社建築設計事務所フリーダム
所在地 東京都中央区東日本橋 3-3-17

株式会社建築設計事務所フリーダム

■アセンティアホーム(工務店)

デザイナーは、ネットワークのある設計事務所9社でコンペを行い、その中からアセンティアホームがおすすめする2社を、施主に提案している。その上で、気に入ったデザイナーを選択できる。また建築にはSE構法を用いているため、強度の高い安全な狭小住宅を建てることが可能。引き渡し後は、定期点検を行っているため、アフターサポートの面でも安心できる。

このページでは地元工務店ならではである、アセンティアホームの強みや、プレゼンテーション方式で決定する方法をご具体的にご紹介。アセンティアホームは品質デザインもさながら、安全で腕がいいことがわかる。

施工事例ではユニークな輸入住宅と、アトリエ付きの住宅の2例を写真付きで掲載。どちらも施工主の望みを反映させた、オリジナリティあふれる住宅となっている。これを見ただけでも、その技術力の高さが伺える。

実際に家を建てた人の評判では、間取りの自由さやデザイン性、アフターケアの丁寧さに評価が上がっている。他のメーカーと比較してアセンティアホームに決めた人の意見だから、その魅力が評判からもダイレクトに伝わってくる。

  • アセンティアホームの所属建築家を紹介
    アセンティアホームでは建築士をコンペ形式で決定するため、複数の設計事務所に所属する建築家の中から気に入った人を選ぶことができます。
    建築家の高橋直子氏は、東京大学大学院工学系研究科建築学専攻で学び、設計事務所に勤務した後、独立して自分の設計事務所を設立しました。2005年には日本住宅・木材技術センターの「新しい構法による間伐材等を活用した住宅の技術開発コンペ」で審査委員長賞を受賞。新しい設備を積極的に採用した、快適な住宅設計に定評があります。
    建築家の渡辺純氏は、日本建築家協会優秀選2006入選など、多数の受賞暦をもつ建築家です。職人として仕事に当たる、というポリシーをもち、クライアントが望むことを第一に考えた設計を提案してくれます。
    ピイア一級建築士事務所の福田弘氏は、アセンティアホームで依頼できる中でも最もベテランの建築家です。木、石、珪藻土等などの自然素材をベースとした、シンプルで簡素なフォルムと機能美を考慮した設計が持ち味となっています。
  • アセンティアホームの狭小住宅に関する口コミを紹介
    口コミはありません。
会社名 株式会社アセンティアホーム
所在地 東京都渋谷区恵比寿4-20-3

株式会社アセンティアホーム

■ザウス(住宅プロデュース業者)

マイホームのための資金計画をはじめ、土地探しや設計、施工、インテリアまで総合的にプロデュースしている建築事務所。デザイナーは、1人に依頼するほか、複数人でのコンペも可能。コンペの際には、ザウスが予算要望がきちんと反映されているかなどを施主と一緒に検討してデザイナーを決定している。施工会社は、競争入札で選ばれるが、デザイナーが不必要な工事がないかなどをチェックしているため安心。

このページでは、デザイナー任せにしないザウスのトータルプロデュース力などをご紹介。その特徴から、施主の立場から一緒に検証してくれることが分かる。

施工例ではこだわりのガレージや収納棚などを取り付けた住宅と、家事がしやすい家の2例を写真付きで掲載。施主の意見が反映された住宅づくりをしていることが、写真からも伝わってくる。

実際に家を建てた人からは、予算の折り合いの付け方や、設備選びで自由が利く点で評価を得ている。契約がスムーズに進む理由が評判からもわかる。

  • ザウスの所属建築家を紹介
    ザウスが仲介してくれる建築家の数は、なんと150人以上。豊富な候補の中から、ホームページに掲載されている施工例を見て選ぶことができます。
    建築家の田島則行氏は、グッドデザイン賞や日本建築家協会優秀建築選など多数の受賞歴があります。心地よい空間づくりにこだわり、シンプルで機能的な空間デザインを身上としています。難易度が高い敷地での建築など、悪条件を解決するための工夫が得意なので、狭小住宅を検討している方におすすめの建築家です。
    金子智子氏は、東京都木造住宅耐震診断技術者の資格ももっている建築家です。断熱性や耐震性などの機能性を重視しつつも、シンプルでストレートな空間デザインに定評があります。施主との対話を重視しているので、あせらずに時間をかけて家づくりに取り組みたい方におすすめです。
    早川慶太氏は法政大学工学部建築学科を卒業し、設計事務所で経験を積んだ後、独立して早川建築計画を主宰している建築家です。「35年後も住みたい家」をテーマに、メンテナンスコストとランニングコストをおさえた家を提案しています。ホテルのようなコンパクトな住まいなど、狭小住宅の設計経験も豊富です。
  • ザウスの狭小住宅に関する口コミを紹介
  • Kさん
    土地探しからの家づくりでしたが、土地購入の前からローン相談など丁寧にサポートしてくれました。ザウスの社員さんは単なる営業マンではなく、専門家集団といったところでしょうか。土地のプロ、ローンのプロ、折衝のプロが揃っていると感じました。いい家ができてとても満足しています。
  • Nさん
    いろいろと相談しましたが、担当者だけでなく会社として顧客に対応してくれるのでよかったです。仕事の能力がすごく高いと感じます。納得の家ができました。
会社名 ザウス株式会社
所在地 東京都港区南青山3-5-1

ザウス株式会社

■サオビ(設計事務所)

狭小住宅をメインとして手掛けている設計事務所。土地探しから建設後のアフターサービスまでをサポートしている。提携している不動産会社から土地情報を入手していて、施主が気になる物件があれば、一緒に物件確認へ行くことも可能。施工については、数社の工務店から見積もりの提示があり、その中から予算施主との相性などを検討して選ぶ。狭小住宅の経験が豊富なため、外部空間をインテリアに取り込むなどの、狭小住宅向けのノウハウを駆使した木造建築に定評がある。

このページでは、物件探しから建設後までの、実際に住宅を建てるさいの流れをサオビの特徴を交えてご紹介。1社ですべてを任せられることのメリットがここでわかる。狭小住宅専門事務所ならではのノウハウと、現場の責任力がサオビ最大の特徴。

施工事例では、8.6坪というわずかな建築面積に建てられた2階建て住宅や、木のぬくもり溢れる狭小住宅を、写真付きで掲載。空間を楽しめる造りや、広さを感じられる設計など、特徴ある住宅づくりをしていることが実際の写真でわかる。

東京に家を建てた人からは「夜空を楽しめる窓など、サオビだからこそできた快適で楽しい住み心地の家づくりが可能」という評判がある。

  • サオビの所属建築家を紹介
    サオビの代表取締役でもある一級建築士の島崎衛氏は、明治大学工学部建築学科を卒業し、複数の建築事務所で経験を積んだ後、サオビを設立しました。自身も4人家族で18坪の狭小住宅に暮らしているので、小さくても快適な家を設計するノウハウを豊富にもっています。経済的・物質的に豊かな暮らしではなく、「心の豊かさ」を重視したライフスタイルを提案してくれる建築家です。
    中川幸子氏は早稲田大学理工学部建築学科を卒業し、建築事務所勤務の後、サオビの共同設立者の一人となった建築家です。女性の視点を積極的に盛り込んだ設計で、家事がしやすくて収納も使いやすい、暮らしやすい家を提案してくれます。
    菅野真衣氏は神奈川大学工学部建築学科を卒業した一級建築士です。2児の母として、子育てしやすい家の設計を得意としています。施主にしっかりとヒアリングしてくれるので、家族全員が納得、共感できる家づくりをしたい人におすすめです。
  • サオビの狭小住宅に関する口コミを紹介
    口コミはありません。
会社名 一級建築事務所 サオビ
所在地 東京都渋谷区南平台町9-13

一級建築事務所 サオビ

■渡辺ハウジング(工務店)

思わずごろ寝したくなる無垢のフローリングや、使うほど味が増す畳など、さまざまな素材を提供している。50年先も見据えた長期スパンで住居デザインを検討し、高品質ランニングコストを押さえられるような家づくりをモットーとしている。採用している外断熱工法は、断熱材を壁の中ではなく、外側に取り付けることで、空気の循環を促す方法。結露が起こりにくくなるほか、家の中の断熱性気密性をアップさせられるメリットもある。

このページでは、渡辺ハウジングの理念に基づいた、安らぐ家づくりを紹介している。自然素材の使用や外断熱工法など、こだわりの高品質住宅が建てられることがわかる。

施工事例では、都会的な住宅でありながら自然の良さを活かした住宅を2例写真付きで掲載。準耐火構造仕様、サイディング建て、床暖房、オール電化など、その品質高さもチェックできる。

2世帯の狭小住宅にした人の意見や、別のハウスメーカーから渡辺ハウジングに依頼しなおした人の話を載せている。依頼者の話をよく聞き、細かいところまで気が利く点などが選ばれている理由であるとわかる。住んでからの心地よさにも定評がある。

  • 渡辺ハウジングの所属建築家を紹介
    渡辺ハウジングの建築家は、代表取締役でもある渡辺康司氏です。建築士の資格だけでなく、枠組壁工法耐火建築物設計・工事管理者、耐火構造検査員などの資格ももっており、大工出身なので工事の実務経験も豊富。珪藻土などの自然素材を活用した健康的な家、しっかりと断熱された暖かい家など、暮らす人のことを考えた本物の家作りを信条としています。建てた家をメンテナンスしながら、長く大切に住み続けたいという要望を叶えてくれる建築家です。
  • 渡辺ハウジングの狭小住宅に関する口コミを紹介
  • Aさん
    小さな工務店さんですが、地域密着型でこちらの話をよく聞いてくれるので、信頼できると思いました。珪藻土の壁は室内に匂いがこもらず、快適に過ごせています。私のイメージを丁寧に形にしていただき、本当に満足しています。
  • Kさん
    桜の木材を使用したフローリングにしていただいたところ、傷もつきにくく、素足で歩くのが気持ちいい家になりました。細部まで丁寧なつくりで、ここにお願いしてよかったなと思います。毎日が快適です。
  • Tさん
    他社よりも高めでしたが、ベテランの職人さんたちの丁寧な仕事ぶりに惹かれて渡辺ハウジングさんにお願いしました。不自由なく快適に暮らせているので、いい選択をしたと思っています。
  • Mさん
    狭小住宅や3階建てを多く手がけているところにしたいと思い、渡辺ハウジングさんにお願いしました。丁寧で信頼できそうな対応で、他の住宅会社のような押し付けがましさは全くありませんでしたよ。冬でも暖房をつける必要がないくらい、暖かい家になってよかったです。
会社名 株式会社渡辺ハウジング
所在地 東京都板橋区東山町13-6

株式会社渡辺ハウジング

■Boo-Hoo-Woo(住宅プロデュース業者) ※ 現在、ホームページ閉鎖中。

建築家である増沢洵氏の作品「最小限住居」を現代風にアレンジした狭小住宅をデザインしている。3坪の吹き抜けを取り入れることや、丸柱を利用して柔らかさを表現すること、そしてメインファザードに開口部を作ることなどを含めた、独自の5原則を確立している。狭小地でも広く見せられる工夫を取り入れた、個性的な空間づくりが特徴。建設時には、地震に強いSE構法を用いて、東京の狭小地であっても、壁で空間がさえぎられることがなく、広いスペースを確保することが可能。

このページではBoo-Hoo-Wooの狭小住宅ブランド、「9坪ハウス」「東京ハウス」についてご紹介。デザイナーハウスを建てられることや、各会社専門家とのネットワークの強さが特徴からもわかる。

施工事例では、吹き抜けやワークスペースを兼ね備えた住宅や、大木や高さのある壁に隣接している住宅を写真付きで掲載。東京の中心に位置していても、開放的で明るい生活のできる家づくりができることが伺える。

実際に家を建てた人の評判では、施主の持ち物に合った住まいにしてくれたことや、世代を超えて使うことのできる家を建てられたという声が寄せられている。内装のこだわりと住んだときの心地よさ、気持ちよさが伝わってくる意見が見られる。

  • Boo-Hoo-Wooの所属建築家を紹介
    建築家情報はありません。
  • Boo-Hoo-Wooの狭小住宅に関する口コミを紹介
    口コミはありません。
会社名 ブーフーウー株式会社
所在地 東京都渋谷区猿楽町30-8

ブーフーウー株式会社

■仲村建築店(ハウスメーカー)

デザインから施工までを自社で一貫して行っている建築店。「フライハウス」というデザイナーズハウスブランドを提供している。家族構成などにも考慮し、施主の願いを実現できるオリジナリティのあるデザインが特徴。木炭でシロアリ被害を予防したり、床下調質剤を防腐剤として利用したりするなど、ナチュラルな素材を活用している。同時に、SE構法を採用することで強度の高い狭小住宅を目指している。

このページでは、中村建築店の特徴である、自然素材を使ったデザイナーハウスの具体的な施工方法をご紹介。こだわりの自然派住宅が建てられるわけがここでわかる。

実際の施工事例では、変形地、2世帯、掃き出し窓、可動間仕切り戸などオリジナル性の高さが伺える建築例を、写真付きで掲載。また、貸店舗付きで横長の連続窓が付いている住宅も、商店街の中に建てられたとは思えない、明るさとデザイン性のある家になっている。

価格に見合ったオリジナル住宅が建てられることや、顧客が本当に望むプランを徹底的に聞き予算と共に満足のいく住宅を建てられていることが評判から判る。

  • 仲村建築店の所属建築家を紹介
    仲村建築店の代表取締役も務める仲村和泰氏は、現代建築の設計施工を専門とする一級建築士です。世界中の近代・現代建築を見て回った経験をもち、特に東京に多い狭小変形地での建築を得意としています。施主に対して詳細にヒアリングをおこない、建物はもちろん、外構、温熱環境、家具など、家に関わるもの全体の調和を考えたデザインをするのが中村氏の考え方。また風通しのよさや明るさ、夏や冬の温度を考慮したデザインを心がけています。デザインのプロから住宅設計依頼を受けることも多い実力派で、施主のためだけのオンリーワンの家を建ててくれる建築家です。
  • 仲村建築店の狭小住宅に関する口コミを紹介
    口コミはありません。
会社名 有限会社仲村建築店
所在地 東京都世田谷区赤堤5-1-13

有限会社仲村建築店

■ブリス/BLISS(ハウスメーカー)

東京都内とその近郊を中心に住宅を手がけるブリス/BLISSは狭小住宅を専門に扱っている。 建築面積の平均は約12坪と非常に狭いが、それを最大限に活かした工夫として、デッドスペースを収納場所として有効利用したり、吹き抜けや勾配天井で視覚的に広い空間を演出している。 さらに、まだ業界内では十分に浸透していない『天空率』を利用。これは平成15年施行の改正建築基準法に追加された制度で、利用している業者はまだ少ないようだが、ブリス/BLISSでは自社の設計部門が必ず天空率を計算し、建築空間をより広く取れるか検討してくれるとのこと。

  • ブリス/BLISSの所属建築家を紹介
    建築家情報はありません。
  • ブリス/BLISSの狭小住宅に関する口コミを紹介
  • Mさん
    うちはシンプルな外装と内装にしてもらいました。建てて4年が経ちますが、打ち合わせを十分にやっておいて正解。本当に好みの形にしてもらえて大満足です。 土地が狭いから中も狭いと思われがちなんですけど、家を訪れた友人たちは非常に驚いていました。しっかりした家が建てられて良かったです。
  • Kさん
    桜の木材を使用したフローリングにしていただいたところ、傷もつきにくく、素足で歩くのが気持ちいい家になりました。細部まで丁寧なつくりで、ここにお願いしてよかったなと思います。毎日が快適です。
  • Hさん
    リビングのリフォームを依頼した者です。複数の業者に見積もりを出したところ、担当者さんの懇切丁寧な対応が素晴らしく、こちらに依頼いたしました。 こちらの要望に耳を傾けてもらい、日程、施工内容、見積もりは希望通りとなりました。信頼と実績がある業者さんなので、仕上がりも大変良く、感謝しております。
会社名 株式会社 BLISS(ブリス)
所在地 東京都文京区湯島3-36-3

株式会社 BLISS(ブリス)

■サカエ建設(ハウスメーカー)

創業以来40年以上の実績を持つサカエ建設は、狭小住宅であっても施主の要望をふんだんに取り入れてオリジナリティを高める「十人十色の家づくり」を得意としている業者。仕様や設備はハイグレードなものを使いながらもコストダウンの工夫もしているため、手ごろな価格でしっかりとした仕様・設備の家が建てられるという点も評価されています。そんなサカエ建設についてもっと詳しく知りたいという方のために、ここでは特徴や建築事例・口コミなどの情報をお届けします。

  • サカエ建設の所属建築家を紹介
    建築家情報はありません。
  • サカエ建設の狭小住宅に関する口コミを紹介
  • Sさん
    欲張ってあれこれとオプションをつけてしまったのですが、それでも良心的な価格に抑えていただいたと思います。家の仕上がりにも満足です!
  • Yさん
    標準プランでも仕様が充実していることや、価格面での納得度、営業さんの人柄でサカエ建設さんに決めました。
会社名 株式会社 サカエ建設
所在地 神奈川県相模原市中央区矢部2-30-6

株式会社 サカエ建設

■オーワークス

東京都目黒区にある工務店、オーワークスは確かな施工技術と設計提案力が持ち味です。品質を重視する一方、予算に合わせた家作りにも対応、資金計画の相談など施工以外のサポートも充実させています。創業は折田左官工業として立ち上げた大正元年、代表取締役は自ら一級建築士の資格を持つ折田清一氏です。対応地域は目黒区や品川区など東京都中心ですが、横浜や埼玉などでも施行実績があります。資本金は1000万円です。

  • オーワークスの所属建築家を紹介
    オーワークスがコンセプトとして掲げるのは。時代を経ても美しさを保つ「タイムレスデザイン」です。普遍的なデザインはもちろんのこと、心地よさ、時代が経っても安心に過ごせる安全性にも配慮しています。たとえば、木造物件であれば、「耐震構法SE構法」を用いており、木造ありながら高い耐震性を実現しています。また、碑文谷にアトリエを構えており、建築区計画の段階での相談にも応じています。
  • オーワークスの狭小住宅に関する口コミを紹介
  • Sさん
    プライバシーを確保しながら光もたっぷり取り入れたいという、こちらの要望に十分すぎるほど応える設計をしてくださいました。おかげで毎日を爽やかに過ごすことができ、住めば住むほどマイホームが好きになっていくという嬉しい状況です。オーワークスさんにお願いして正解でした。
  • Kさん
    狭小地だったのでどうなることかと思いましたが、結果、広くて明るいホットな家が完成しました。外観も内装も間取りも全部気に入ってますし、不満は一つもありません。また新しく家を建てることがあったら、必ず依頼させてもらいます。本当にありがとうございました。
会社名 株式会社オーワークス
所在地 東京都目黒区碑文谷6-4-7

株式会社オーワークス

■リバティホーム

東京都江戸川区にある工務店。リバティホームは昭和41年創業で50年以上積み重ねた実績や経験を活かしつつ、お客様のご要望に合わせて自由な家づくりを実現する点が強みです。土地によっては限られた坪数の場合もありますが、そのような時でも豊富な知識と経験を活かして満足いただける家づくりを目指しています。また、一級建築士1名、二級建築士6名など豊富な建築知識を持ったスタッフがいるので、安心して家づくりを任せることができます。

  • リバティホームは狭小住宅でも要望に沿った建築対応を行う
    リバティホームは江戸川区や葛飾区など、城東地区を中心に注文住宅を建てており、狭小住宅でもお客様のご要望に応えることを目指しています。また、コスト面にも配慮しており、出来る限りコストを抑えつつ、丁寧に家づくりを進めていくのも大きな特徴です。更に省エネに優れた「ZEH」対応の狭小住宅にも対応していて、「彩(AYA)」と呼ばれるタイプの注文住宅プランで提供しています。他にも制震システムの導入や、耐火構造を重視した木造住宅も提供しているため、住みやすさだけでなく安全性についても高い品質を保っているのが魅力です。
  • リバティホームの狭小住宅に関する口コミを紹介
  • Kさん
    築年数が経過し古くなったこともありましたが、「家を建て替えよう」という強い気持ちはありませんでした。しかし、今後家族がどのように暮らしていくのか?など丁寧にヒアリングしてもらい、私たちも想像していなかった未来をイメージできたことが、住宅を建て替えようと考えが変わりましたね。素人目に見ても厳しく入り組んだ土地でしたが、リバティホームさんでは耐震性を上げてもらいつつ、空間が広くなりました。更に3階建てにしてもらえて、本当に満足しています。地元で実績のあるリバティホームさんにお願いしてよかったと思います。
  • Tさん
    リバティホームさんは、現実離れした提案ではなく等身大のサイズで作られた、3丁目・モデルハウスを提案してもらいお任せしたいと思いました。また、リバティホームさんのスタッフさんや社長さんが、気さくな応対かつ腰の低さにも大変好感を持てて、丁寧なサービス対応も満足しました。出来上がった住宅は、広めのリビングを2階に持ってきたり、洗面所からベランダに出られたりと配置にもこだわりがあり理想の住まいが出来上がり大変嬉しいです。
会社名 株式会社リバティホーム
所在地 〒133-0057 東京都江戸川区西小岩3-21-30

株式会社リバティホーム

■クレバリーホーム

千葉県君津市に本社を構え株式会社新昭和FCパートナーズが、運営する住宅ブランドの一つがクレバリーホームです。株式会社新昭和FCパートナーズは多数の住宅事業を展開し、創業2016年と新しい部類に入る企業で多数の事業を展開しています。クレバリーホームはタイルにこだわりを持ち、外壁タイルへの取り組みを生かして成長中です。クレバリーホームのコンセプトは、狭小地でも期待を超える家づくりを行うことや、新基準のタイルを活用した家を作っています。狭小地や都内の住宅設計に慣れているため、狭小地でのマイホームを検討している方におすすめです。地下の工事や屋上工事について30年保証を付けるなど、実績だけでなく信頼も大事にしています。

  • クレバリーホームはタイルにこだわりを持っている住宅メーカー
    クレバリーホームは、狭小地や都内での家づくりや設計に慣れているだけでなく、タイルにこだわりを持っているのが特徴です。家は雨や風、日光などに晒される部分でもあるため、耐久性の高い素材を使用することが大切です。また、家を建ててからタイルを総入れ替えは難しいので、クレバリーホームでは20年・30年と使用し続けられる耐久性の高い外壁タイルにこだわっています。クレバリーホームの外壁タイルは、自然素材を人の手で1つ1つ焼き上げられた、味わいもあるのが特徴です。更に耐震性や断熱構造にも力を入れていて、クレバリーホーム独自のプレミアムハイブリッド構造は地震や台風などによる揺れの力を逃しつつ、大きな負荷を吸収します。
  • クレバリーホームの狭小住宅に関する口コミを紹介
  • Hさん
    クレバリーホームさんの外壁タイルはとてもキレイで満足していますし、窓の結露も抑えられていてアパートと比べると全然違って住みやすいです。全体的に家の性能が良いのだなと実感しています。
  • Tさん
    クレバリーホームさんに選んだ理由は、外壁がタイルであることや他社と比較して価格の内容説明などが詳しく納得できたからです。そして工事期間中の各下請業者の仕事ぶりが大変よく、コストパフォーマン所の良さにも満足しています。様々な希望を、丁寧に聞き入れて頂き感謝しています。
会社名 株式会社 新昭和FCパートナーズ
所在地 〒299-1144 千葉県君津市東坂田4丁目3番3号4階

クレバリーホーム

■三栄建築設計

東京都杉並区に本社を置く三栄建築設計。創業は1993年でロサンゼルスに営業所を持ち、アメリカでの不動産事業を行うといった事業規模の大きさも特徴的です。注文住宅では既存の住宅設計や間取りをそのまま用いず、依頼者の土地に合わせた住宅を1から間取りやデザインを設計するこだわりを持っています。また、工法にもこだわりがあるのが特徴。独自工法のサンファースト工法と、2×4工法の2種類を用意しているのです。

  • 三栄建築設計は同じ家を作らないこだわりを持っている
    三栄建築設計のコンセプトは、0から1を作り上げること。企画から土地に合ったデザインや間取りを意識し、依頼者の要望に合わせたオリジナルの家を作ることです。土地に合わせたオリジナルの住宅へこだわりを持っているため、営業担当者から現場担当者まで全ての工程において依頼者の要望やイメージをくみ取り、理想の住宅を実現するために徹底した調査や家づくりを進めています。また、三栄建築設計独自工法「サンファースト工法」と、一般的かつ高性能な「2×4工法」の2種類用意している豊富なプランです。サンファースト工法は、古くから日本で行われてきた木造在来軸組工法をベースに、補強部材・スプリング・金物などを駆使して地震などに強い構造にしています。
  • 三栄建築設計の狭小住宅に関する口コミを紹介
  • Iさん
    三栄建築設計さんは、広々としたオープンキッチンにしてくれたり、リビングから収納が見えない造りだったりキッチンまわりはいつもスッキリしています。また、設計担当と工事担当の方はこちらの質問にも丁寧ですぐ答えてもらえ、つくり手のこだわりを感じることができました。大変満足しています。
  • Nさん
    住宅のカラーに関する打合せでは、工事担当者の方とお話させてもらいましたが、丁寧で柔軟な対応をしていただけて満足しています。更に日当たりの良い間取りや床暖房のおかげで、明るさと暖かさを確保でき住みやすいです。
会社名 株式会社三栄建築設計
所在地 〒167-0042 東京都杉並区西荻北2-1-11三栄本社ビル

三栄建築設計

■R+house

東京都品川区に本社を置くハイアス・アンド・カンパニー株式会社。創業は2005年と新しいものの従業員数191名と、比較的規模の大きな企業になります。そして同社は、R+houseという注文住宅事業も手掛けており、機能性も重視している点が特徴的です。また、狭小地でも広がりのある空間を作ることにもこだわっており、経験豊富な建築家に依頼しています。

  • R+houseは3つのこだわりとZEHへの取り組みを重視
    R+houseのコンセプトは「機能性」、「建築家との家づくり」、「手の届く価格」の3つをコンセプトにした工務店です。また、ZEH住宅にも取り組んでおり、消費エネルギーを抑えて太陽光発電など生産エネルギーを増やす、省エネでエネルギー効率に優れた住宅にも対応しています。また、R+houseは手の届く価格として、高機能かつコストを抑えた家づくりにこだわっているのが魅力です。コストを抑えられている理由は、中間業者に頼らずマージンを省くようにし、メーカーとの直取引にしているからです。直取引による部材供給に切り替えることで、中間業者の倒産リスクも回避できるため、安定したサービス提供にも繋がります。
  • R+houseの狭小住宅に関する口コミを紹介
  • Sさん
    R+houseの担当建築家の方から最終の図面を提示して頂いた時は、本当に驚きました。私たちの住宅に対する夢が美しく形になっていたからです。更に図面は、間取りや空間をどんな意図で作り、どう使って欲しいのかなど手書きで記されていて、こだわりや熱意が伝わり大変感動しました。出来上がった住宅も、図面通りで住みやすさなど私たちの生活に合った空間で、大変満足しています。
  • Aさん
    希望通り梁の見える内装や、高天井やウッドスタイルの壁など木目・ナチュラルさを意識した住宅になりました。そして、デザインの他にも耐震性などの性能にも力を入れていて、オリジナルデザインと機能性を両立してくれる素晴らしい工務店さんです。
会社名 ハイアス・アンド・カンパニー株式会社
所在地 東京都品川区上大崎二丁目24番9号 アイケイビルディング5F

R+house

■イトーピアホーム

東京都中央区に本社を置くイトーピアホーム。運営企業は伊藤忠商事グループで、首都圏を中心に注文住宅を手掛けている住宅メーカーです。木造住宅と機能性に強みを持ち、気密性・断熱性・耐震性など機能性の高さに定評があります。デザイン性も大事にしているのが特徴です。工法については在来工法と2×4工法をベースにした建築を行っており、機能性の高さを支えています。

  • イトーピアホームは施主の要望を1つ1つ丁寧に聞きながら家づくりを行う
    イトーピアホームは、住むしあわせづくりというコンセプトを掲げています。住むしあわせづくりとは、注文住宅の基本でもあるお客様(施主)のご要望を1つ1つ丁寧に聞きながら、理想の設計と家づくりを行うことです。施主自身が家づくりについて強いイメージがない場合でも、イトーピアホームのノウハウによって完成形を一緒に作り上げるようサポートし、世界に1つの家を提供するように心がけています。また、住宅を建てる際の2×4工法や木造在来工法は、どちらも耐震性や断熱性に優れた工法で機能性も疎かにしません。イトーピアホームはアフターフォローも充実していて、住宅の引き渡しが完了してから3ヶ月後、12ヶ月後、2年後の定期点検を実施しています。更に防水や構造躯体(構造部のこと)は、10年間の長期保証にも注目です。
  • イトーピアホームの狭小住宅に関する口コミを紹介

イトーピアホームの口コミは見つかりませんでした。

会社名 イトーピアホーム株式会社
所在地 〒103-0027 東京都中央区日本橋2丁目1番地10号

イトーピアホーム

■コトブキホームビルダー

創業は1987年、東京都目黒区に会社があるコトブキホームビルダー。目黒区や品川区、世田谷区を中心に注文住宅を作っている地域密着型の工務店で、狭小地が多いエリアだからこそ狭小住宅の実績豊富です。また、コトブキホームビルダーは、夏は涼しく冬は暖かい家づくりにこだわっていて、高断熱だけでなく国の基準にはない高遮熱と高気密も重視。ヒートショックを防ぐよう、体にやさしい家を目指しています。

  • コトブキホームビルダーのこだわりはあたたかい家づくり
    コトブキホームビルダーは、あたたかい家づくりをコンセプトに狭小地でも空間づくりにこだわった住宅を届けています。あたたかい家には機能性と地元密着という、2つの意味があります。夏は涼しく冬は暖かい家を実現する機能性のため、高断熱・高気密・高遮熱の3つを取り入れている点が特徴です。また、あたたかさだけでなく耐震性にも力を入れています。剛床工法を行うことで土台と床に根太がなく、面で外からの力を受け止められる強度の高い土台を実現しました。もう一つの地元密着とは創業から約30年経っても、変わらず目黒区と品川区、世田谷区を中心に地域重視型の営業を行うことです。地域で知られ、信頼できる工務店を目指している取り組みといえます。
  • コトブキホームビルダーの狭小住宅に関する口コミを紹介
  • Nさん
    コトブキホームビルダーさんは、価格ももちろんですが住んでいる人のことを考えた家づくりを行う会社で好印象です。足を延ばしてゆっくりできるお風呂や暖かい空間を維持している点、階段の手すりに照明を埋め込むなどくつろぎの空間づくりと細かな配慮が見られ満足しました。
  • Nさん
    コトブキホームさんに頼んだ家は、理想に近い形で比較的満足できたと思います。 また、自宅と周辺地域が防火地域でしたが、その点も配慮してもらって耐火対策をしてもらった上で希望の3階建てにしてもらいました。24時間換気システムもあり、室内は通気性が良く快適な暮らしができています。
会社名 株式会社コトブキホームビルダー
所在地 〒152-0002 東京都目黒区目黒本町5-7-15

コトブキホームビルダー

■T&W

狭小住宅建設を手掛けるT&Wは独自の8つのこだわりをベースにして、小さな土地でも快適で居心地の良い空間をデザインしている工務店です。土地の広さに制限があるといった条件の中でも、無駄がなく生活や家事活動しやすい設計を心がけています。また狭小住宅だからこそこだわりたいデザイン案も豊富に備えているのが特徴です。モダン・和風・エレガント・ナチュラル・シンプルモダンなど好みに寄り添うデザインを提供できます。

  • 8つのこだわりで顧客の満足度に応える
    T&Wが掲げる8つのこだわりとは、「安全な骨組み」「耐震+制震工法」「断熱性と遮熱性」「高性能3次元フィルター」などの基本的な要素に、「家事や生活のしやすさを考慮」「収納場所の確保」「デザイン性」「光と風を取り込む」という空間的な満足度を加えていることです。顧客の細かい要望やニーズをヒアリングするために、打ち合わせを納得するまで行ってアイデアとプランニングを提供。限られた敷地面積や制約があるなかで、顧客の満足度を超える「感動的」な住まいづくりを目指しています。
  • T&Wの狭小住宅に関する口コミを紹介
  • Tさん
    母の事故がきっかけで建て替えを考えました。住宅密集地の敷地面積12坪ちょっとの土地と、さまざまな制約があるなかで、T&Wは理想のデザイン案をすぐに持ってきてくれました。優秀なプロデューサーとの出会いを本当に感謝しています。住み始めて1年ですが、父と母、子供達6人で安心して暮らせています。
会社名 株式会社ティーアンドダブリュー
所在地 東京都台東区台東1-13-6 サンエイビル502

T&W

■バウハウス

バウハウスは狭小建設や変形敷地の建設に特化した工務店です。ピッコロハウス(イタリア建築様式)を得意としており、これまで数多く施行してきた知識と経験を活かした理想の注文住宅を提供しています。さらにバウハウスでは顧客の要望を聞きながらも、狭小・変形土地に1,000万円台の予算で設計&建築対応ができるのが特徴です。

  • 経験豊富な技術者が創るピッコロハウス
    ピッコロとはイタリア語で小さいという意味。ピッコロハウスはイタリア由来の建築方式で、狭小の土地でも機能性とデザイン性に優れているのが特徴です。間取りや屋根をシンプルにしつつも、断熱サッシなど機能性を重視して快適空間を維持します。バウハウスには、大手ハウスメーカーで500棟以上もの建築経験を持った技術者が在籍して手がけてくれるのが特徴。経験と高い技術のノウハウを持つ精鋭スタッフが、打ち合わせから設計、施行、アフターフォローまで担当します。
  • バウハウスの狭小住宅に関する口コミを紹介
  • 匿名
    都内の狭い土地で一軒家を建てるのが難しい時代になっているなかで、バウハウスさんは高い技術でよい感じに仕上げてくれそうです。採光を可能な限り確保しつつ、プライバシーを守れる設計が気に入りました。
  • 匿名
    営業・設計・現場までがっちりチーム体制で臨んでくれます。自分が気に入ったものに囲まれて暮らしたい、という願いをかなえてくれる注文住宅です。
会社名 株式会社バウハウス
所在地 東京都世田谷区鳥山5-20-9 ハウス・アム・バンホフ1F

バウハウス

■フォーライフ

横浜にオフィスを構えるフォーライフは都会の狭小土地や変形地、入り組んだ土地を有効に活用できる都市型コンパクト住宅を手掛ける工務店です。東京・横浜・川崎エリアをメインに1,700棟の実績を誇っています。大手ハウスメーカーの規格住宅では建てにくいと言われる土地であっても、顧客に寄り添う住宅設計を心がけているのが魅力です。

  • 都市型3階建てコンパクト住宅をリーズナブルな価格で!
    社内に多くの建築士を抱え、設計担当によるオリジナルプランを提案するフォーライフの注文住宅は、都市型3階建てコンパクト住宅100㎥・1,500万円からという価格で建てることが可能です。安さだけを重視している訳ではなく、こだわりの耐震性や耐久性、断熱性など機能性も重視して高品質を確保しています。
  • 3つのプランを提案
    フォーライフの注文住宅は、あらかじめ3種類のバリエーションを用意しているのが特徴です。安全性を確保してもっともコストを抑えたベーシックスタイル、さらにデザイン性などのプラスアルファ機能を備えたモダンスタイルやプレシャススタイルを用意。顧客の予算とニーズに合わせて営業や設計担当者がプランニングします。
  • ショールーム・展示場を設置
    東急東横線の武蔵小杉には、フォーライフの常設展示場があります。ほかにも渋谷駅・大倉山・横浜駅にもショールームを設置しているので、図面や画像で見るより住宅のイメージをつかみやすいのがポイントです。
  • フォーライフの狭小住宅に関する口コミを紹介
  • Fさん
    設計士の人がこちらの要望をすぐに理解してくれるので、打ち合わせがスムーズに進み、限られた敷地のなかで高い機能性と広く見せる工夫をしたいという希望をかなえられました。
  • Sさん
    とにかく対応が丁寧。「こんなはずじゃなかった」という築後の問題を避けるために、営業・設計・現場監督とともに打ち合わせをしたり、現場での配線立ち合いも設けてくれました。
会社名 フォーライフ株式会社
所在地 神奈川県横浜市港北区大倉山1-14-11 FORLIFE大倉山拾番館

フォーライフ

■ホームテック

ホームテックは20年以上にわたり、2×4(ツーバイフォー)工法建築の実績がある一級建築士のいる工務店。湘南と鎌倉エリアをベースに東京の町田エリアまで施工範囲を広げ、1年に約70棟を担当する実力派です。

設計担当者が営業を兼任するため、クライアントの質問や要望にその場で的確に答えられるのもホームテックの魅力。町田にある本社内にはショールームがあるので、実際の建材を見ながらの具体的な打ち合わせも可能です。

  • 狭小住宅を建てるうえでのこだわりポイント
    湘南と鎌倉エリアを20年以上拠点にしているために、狭い土地、変形地、斜面などの建築経験が豊富なホームテック。限られた敷地の中で、少しでも広い空間を確保できるように、従来の斜線規制の設計ではなく天空率を用いた設計を採用しています。デザイナーである社長も現場に参加して、コストを抑えながらクライアントの要望に応えるプランを提示してくれますよ。
  • ホームテックの狭小住宅に関する口コミを紹介
  • Mさん
    購入した土地が自然空間を保つための「風致地区」だったので、さまざまな規制がありました。ホームテックは細かい要望を聞き入れて親身に相談にのってくれました。
  • Nさん
    途中で地盤改良が必要で資金計画が大きく変わった時も、予算内で可能な方向性や施行例をさまざま提示してくれました。完成した家は、我ながら「何だ、このおしゃれな家は!」と思ってしまうほど満足です。
会社名 株式会社ホームテック
所在地 東京都町田市中町2-14-17

ホームテック

■ファーストホーム

武蔵村山市にオフィスを置くファーストホームは、高耐震・高耐久をコスパの高いローコスト住宅で建築する(株)サン・ハウジィングの新築事業部。オール電化標準装備の45坪2階建5LDKを、坪35.1万円というローコストで実現します。電話や訪問営業を一切行わず、施主に寄り添う親身な対応で顧客の層を増やしています。

  • コスパの高い家を実現するファーストホームのこだわり
    「理想の家を建てる」という大きな夢と、幸せな住まいをかたちにするのがフォーストホームのこだわりです。予算のあまりない人でも家が建てられるように、工務店の集まりで作るJHABネットに加入して、中間マージンを省くシステムを導入。自社施工も行ない、資材や設備の仕入れ値を大幅にダウンできています。また最新の建築基準法、高強度構造の耐震性、ホームシック対策などもクリアした安全性も備えています。
  • ファーストホームの狭小住宅に関する口コミを紹介
  • Oさん
    ファーストホームは、制限のある土地を最大限に活かせるような提案をいろいろしてくれました。完成した家は使い勝手がよく快適に過ごせます。こちらの無理なお願いにも、根気よく迅速に対応してくれたスタッフに感謝しています!
会社名 株式会社サン・ハウジィング
所在地 東京都武蔵村山市榎3−91−2

ファーストホーム

■タイセーハウジング

タイセーハウジング株式会社は、2009年に設立された比較的新しい工務店です。本社は神奈川県にあり、主に東京都と神奈川県の厚木・渋谷・世田谷を中心に注文住宅づくりを行っています。

また、家づくりを行ううえでタイセーハウジングは、土地探しから見積り、施工からアフターフォローまで自社で一貫して行うため、家づくりのあらゆる場面でサポートを受けられるのも魅力的です。

  • 狭小住宅に合った4つの住宅デザインを提供
    タイセーハウジングが家づくりを行っているエリアは、狭小住宅となるケースも珍しくありません。そんな中、タイセーハウジングでは、狭小住宅にも対応しているだけでなく4つの住宅デザイン(cocolo/idea style/cocolodorf/idea garden)を用意。
    それぞれまったく違うデザインとコンセプトを立てられており、限られた敷地面積に合わせた設計に対応できる専門技術があります。
  • タイセーハウジングの狭小住宅に関する口コミを紹介
  • Aさん
    タイセーハウジングさんが売りにしている断熱効果のおかげか、1月でもエアコンもつけていません。また、収納スペースはウォークインクローゼットで収まる収納性も助かります。今は季節物をしまうところを考え中で、ロフトがあるのでそこも収納場所にする予定です。住宅性能だけでなく収納性も高いタイセーハウジングさんを選んで正解でした。
会社名 タイセーハウジング株式会社
所在地 神奈川県厚木市中町4-16-6

タイセーハウジング

■ビルドアート

株式会社ビルドアートは、2001年に設立された横浜を中心に注文住宅を手がける工務店です。2015年からは東京都内も施工エリアとしています。

代表取締役は、大手工務店にて長年家づくりに関わっていましたが、その時に感じた大手企業の効率化に関するいくつかのデメリットを解消するために、ビルドアートを立ち上げました。

一般的な家づくりは、あらかじめ決められた部材を使用するため、注文住宅に対応可能と言っても難しい場合もあります。一方ビルドアートはお客様の夢である「ドリームハウス」を実現するために、自然素材の部材を独自ルートで安く仕入たり狭小地や変形地などにも対応したりしています。

  • 狭小地でもさまざまな注文住宅に対応
    ビルドアートのこだわりポイントは、何といっても狭小地や変形地など家づくりの難しい土地でも、要望に応えているところです。
    たとえば狭小住宅の施工事例の1つには、約13坪の非常に限られた敷地面積で明るい家に建て直したいという注文もありました。そして注文通り、日当たりの良い住宅を提供。多数の工夫と技術が詰め込まれていますが、たとえば日光が良く差し込む南側に窓ガラスを取り付けたり、窓自体を大きくしたりなど狭小地に合った設計を行っています。
    都内や神奈川県で狭小住宅を建てる必要性のあるご家庭や、立て直しも検討している場合は狭小地の実績豊富なビルドアートがおすすめでしょう。
  • ビルドアートの狭小住宅に関する口コミを紹介
  • Bさん
    ビルドアートさんでは、螺旋階段や水まわりだけでなく、ドアのカラーやトグルスイッチなど細かなデザインまで理想を叶えてくれて大満足です。どれもビルドアートの職人さんや担当者さん達のおかげで感謝しています。また何かあればビルドアートさんにお願いしたいです。
会社名 株式会社ビルドアート
所在地 神奈川県相模原市南区相模大野5-29-15

ビルドアート

■参創ハウテック

文京区大塚にオフィスを構える参創ハウテックは、東京都を中心に注文住宅やリフォームを手掛けている工務店です。大都市部の複雑な建築法や幅広い住宅デザインなどを網羅している建築家に、設計から施行まで任せられます。施工に関わる監督や職人の技術レベルやノウハウが高く、耐震性や断熱性の高い家やゼロエネルギーハウスなども手掛けています。

  • 強靭なSE構造の住まい
    狭小スペースに頑丈な家を建てられる「SE構造」をベースにした家づくりを行っています。SE構造は設計の自由度も高いので、施主の要望を取り入れたデザイン性と機能性の高い住まいを作ることが可能。省エネルギーや住宅の長寿命化などを考慮した、強靭で快適な住宅作りを提案してくれます。
  • 参創ハウテックの狭小住宅に関する口コミを紹介
  • 東京都Yさん
    一台の床下エアコンで家全体をカバーする「パッシブ冷暖」を取り入れました。風を感じることなく、自然な涼しさを得られてとても快適!電気代も節約できました。経験豊かなスタッフの方から、さまざまな提案をしてもらえたことに感謝しています。
会社名 株式会社 参創ハウテック
所在地 東京都文京区大塚3-5-10 住友成泉小石川ビル1階

参創ハウテック

■設計工房/Arch-Planning Atelier

品川区五反田にオフィスを構える設計工房は、狭小住宅や変形敷地の設計を多く手掛ける設計事務所です。光と風が通り抜けるようなシンプルで明るいスタイリッシュな住まいは、多くのメディアで取り上げられるほど人気です。一方的に建築士の作った設計を押し付けるのではなく、顧客の要望やライフスタイルをヒアリングして、納得できる家づくりをサポート。外見だけでなく、耐震性や断熱構造などの基本的構造や住む人の健康を考えた厳選した自然素材など、安全と安心を兼ね備えた住宅を提供してくれます。

  • 施主の要望をクリアすることに喜びを見出す建築士
    設計工房の一級建築士・久保宗一氏は、施主の難題をクリアするのに喜びを見出すという、狭小住宅設計の経験が豊富なプロフェッショナル。過去には路線バスより狭い建築面積(6.3坪)の超狭小住宅の建築の経験もあり、雑誌やメディアでたびたび紹介される優秀な建築士です。住宅が密集していて施工条件が過酷な東京で、施主のリクエストと建築士のアイデアを融合した素敵なプランを提案してくれます。
  • 設計工房の狭小住宅に関する口コミを紹介
  • 設計工房の口コミは見つかりませんでした。
会社名 設計工房/Arch-Planning Atelier
所在地 東京都品川区西五反田2-18-3 グレイス五反田405

設計工房/Arch-Planning Atelier

デザインに妥協しない東京の狭小住宅会社12選

狭小物件の施工事例まとめ

狭小住宅を建てる際にこだわりたいこと

初めて狭小住宅を建てる人が知っておきたいこと