• No.1株式会社ホープス

    東京の狭小住宅会社ホープスのイメージ

    Official WebSite

  • No.2パパママハウス株式会社

    東京の狭小住宅会社パパママハウスのイメージ

    Official WebSite

  • No.3株式会社渡辺ハウジング

    東京の狭小住宅会社渡辺ハウジングのイメージ

    Official WebSite

サオビ

狭小住宅をメインに手がけるサオビを徹底リサーチしました。建築家の腕をデザイン力・技術力で分析し、東京に建てられた狭小住宅事例を載せています。

東京で狭小住宅を手がけるサオビの特徴

サオビで建てた東京の狭小住宅施工事例東京都渋谷区にある、設計事務所サオビ。
狭小住宅をメインに、土地探しから設計、施工、建設後のアフターサービスまでトータルサポートしています。

土地の情報は提携の不動産会社から仕入れ、施主の要望にあっている物件には同行してもらうことも可能
その場でプランを提案したりアドバイスをもらうこともできます。

プランが決まったら数社の工務店に見積もりを提示してもらい、予算や職人の対応、施主との相性などから建築会社を決めます。
施工中もサオビが建築家として、責任を持って定期的に現場を監理。また家具などのインテリアの設計も、こちらで対応してくれます

狭小住宅専門ということもあって、バルコニーや外部空間をインテリアに取り込むなどのノウハウも定評です。

対応地域

サオビの営業エリアは東京都内を始め、川崎・横浜一帯までもカバーしています。

公式ホームページに紹介されているサンプル物件を見ますと、横浜の鶴見・大倉山、品川区や大田区の大森・大岡山・雪谷、小平市に板橋区、練馬、国分寺と都内全域に散らばっていて、その対応範囲はかなり広くなっています。

もちろん東京周辺の地域も対応可能ですので、ご要望の際は窓口へお問い合わせください。

デザインへのこだわり

サオビのデザインのこだわりは、何と言っても限られた空間を最大限に有効利用することです。家族全員が快適に暮らせることはもちろん、夢の生活が送れるような家造りを提供します。

サンプル物件を一通り見ますと、まず目に付くのが吹き抜けのデザインです。吹き抜けは縦空間を広げることで、狭い室内の閉鎖感を解消してくれます。特にサオビでは階段部分やリビングルームに吹き抜けを採用することが多いです。

またサオビは、中庭を設けて光一杯の空を見せるデザインを得意としています。『狭い室内空間だからこそ中庭が効果的』というのがサオビ・イズム。

中庭はデザイン次第で光や風といった自然環境を室内へ導入する効果に優れています。実際よりも家の中が広く感じる解放感も演出してくれるため、狭小住宅でも庭が欲しいという方にはおすすめです。

それから間仕切りの使い方が巧妙で、圧迫感を生じさせる壁を可能な限り減らして、襖タイプや棚といった移動式の間仕切りを多用します。

しかも素材を半透明のアクリル材にするなどして、光を効率よく取り込みつつ仕切り機能を発揮させる様に工夫しています。また移動式間仕切りを採用する事で、高齢者の方でも済みやすいバリアフリー式のマイホームにもなります。

狭小住宅の大きなデメリットといえば収納スペースの不足でしょう。家族全員の必要物をキレイに納めるには、かなり大容量のスペースを確保しなければなりません。この難問をサオビなら解決してくれます。

例えば窓のない壁一面を収納棚にするとか、中二階・中三階を採用して、その段差を活用してロフトや収納スペースを設けるなど、家屋のありとあらゆるデットスペースを有効利用するのです。

空間の有効利用の定番である螺旋階段にもサオビの技が冴えています。インテリアとしてのオシャレ感を演出しつつ、2階・3階を貫く吹き抜けの役目も果たします。

特にスケルトン階段なら、自然光が入り難く薄暗くなりがちな下階へ、十分な光を導いてくれるライトウェル・光井戸として室内を明るく照らしてくれます。

その他にも狭い空間を有効活用する方法がふんだんに投入されていますので、サオビのデザインなら、ずっと愛着の持てるマイホームを手に入れることができるでしょう。

サオビで建てた東京の狭小住宅施工事例

N邸

建築面積はわずか8.6坪。2階建てですが、部屋の天井高さは3.4mもあるワンフロアの広さを意識した狭小住宅です。1階の寝室は地下に入り込む一段低いところに設置。LDKのトップライトを拾い込めるので、それほど暗く感じない空間となっています。スキップフロアと上下階の空間のつながりを楽しむ狭小住宅です。

サオビで建てた東京の狭小住宅施工事例 サオビで建てた東京の狭小住宅施工事例

場所…東京都中野区
竣工年…平成22年
構造…木造
述床面積…55㎡

S邸

広さよりも空間の質と広がりを意識した狭小住宅。フロアごとに床材を変えたり、キッチンも木製の特注品にするなど、家全体から木の温もりを感じる内外装の住まいです。ところどころ構造材が見える部分もあって、狭小でありながらも広さを感じさせてくれる設計が魅力的です。

サオビで建てた東京の狭小住宅施工事例 サオビで建てた東京の狭小住宅施工事例

場所…神奈川県横浜市
構造…木造
述床面積…66㎡

東京でこだわりの狭小住宅を建てる会社5選を見る>>

サオビで東京に家を建てた人の評判

  • Sさん(横浜市)
    天窓やちょっとしたところに設置した台形の窓とか、明かりを採るだけでなく夜も月や星が見られて、自然も楽しめる家になりました。天井の高さも用途に合わせてフロアごとに変えるなど(リビングのあるフロアは高く、寝室は低く)できたのもサオビさんだからできたと思います。

会社概要

会社名 一級建築事務所 サオビ
所在地 東京都渋谷区南平台町9-13

デザインに妥協しない東京の狭小住宅会社12選

狭小物件の施工事例まとめ

狭小敷地で家を建てるならこだわりたい3つのこと

初めて狭小住宅を建てる人が知っておきたいこと