• No.1株式会社ホープス

    東京の狭小住宅会社ホープスのイメージ

    Official WebSite

  • No.2パパママハウス株式会社

    東京の狭小住宅会社パパママハウスのイメージ

    Official WebSite

  • No.3株式会社渡辺ハウジング

    東京の狭小住宅会社渡辺ハウジングのイメージ

    Official WebSite

イーハウスデザイン

(※イーハウスデザインは、現在、晃栄ホームとなっています。)

木造3階建ての狭小住宅を1,500万円で提供しているイーハウスデザインを紹介。費用を抑えられる理由や東京で建てられた施工例を集めました。

イーハウスデザインで東京に家を建てた人の評判

  • Mさん(東京都渋谷区)
    プライバシーを守りながらも、明るくて風通しのよいマイホームを実現できました。はしご状の鉄骨階段やロフト付きの子ども部屋は、遊び盛りの彼らにはジャングルジムのように楽しんでいます。
  • 東京都世田谷区
    将来的にリフォームする可能性も考えて、設計してもらいました。だからロフトへの階段は、段坂を伸ばせば机としての利用が可能。帰ってきたらすぐに手を洗えるように、玄関わきに洗面台をつけるというアイデアも。家族の成長や環境の変化に対応するため、部屋の間仕切りを工夫してもらえたので長く住めそうです。
  • 東京都北区
    玄関の土間を黒のモルタル仕上げにしてもらったから、汚れが目立たない感じになってます。木の優しさや温もりが伝わって来るような家で、脱衣室にも板張があります。その板張りのおかげで脱衣室に色合いがありますね。
  • 東京都墨田区
    高所恐怖症なので、階段の手すりに落下防止のポリカーボネートを特注でつけてもらいました。荷物が多いとき用に1階の寝室へ勝手口を設けて、カーポートへ行けるようにもしてます。子ども部屋は2人で一緒に使えるようになってるけど、大きくなったら個別に分けられるレイアウト。リビングにはシーリングファンをつけてもらったから、空調効率が良くなって便利ですね。
  • 東京都品川区
    洗面化粧台持ち込みOKでした。大手メーカーだと対応してもらえない可能性があるから、気に入った設備をつけてもらえて嬉しいです。外観は木目調のサイディングと白のツートンカラーで、バルコニーも個性的な形にこだわったから、他にはないアクセントとしてインパクト大ですね。

イーハウスデザインで建てた東京の狭小住宅施工事例

O邸

法規制も厳しかった細長い土地で、半地下スキップフロアにより広さと高さを確保。木製ルーバーで視線をカットしながらも光を取り入れ、デザイン的にも落ち着いた外観です。施主の要望であった家族でゆったりくつろげるリビングやオールステンレスキッチン、屋上バルコニーも実現しています。

イーハウスデザインで建てた東京の狭小住宅施工事例 イーハウスデザインで建てた東京の狭小住宅施工事例

場所…東京都豊島区
構造…木造(在来軸組工法)
述床面積…89.16㎡

K邸

アジアンテイストを好む施主の趣味から、内外装に落ち着いた雰囲気のデザインに仕上げた狭小住宅。外観は黒の外壁に木製ルーバーがアクセントに。リビングの天井にはグレーチングを採用することで、まぶしいほどの光を取り入れている設計となっています。

イーハウスデザインで建てた東京の狭小住宅施工事例 イーハウスデザインで建てた東京の狭小住宅施工事例

場所…東京都江東区
構造…木造(在来軸組工法)
述床面積…87.48㎡

東京でこだわりの狭小住宅を建てる会社5選を見る>>

イーハウスデザインで狭小住宅を建てた人の体験談

音楽を楽しめる防音の家

私は声楽。家内はピアノ。娘はチェロを弾くため、音楽を楽しんでもご近所に迷惑をかけないデザインでお願いしました。

地下に防音設備を整備した部屋を作ってもらったので、音の漏れなどを気にする必要もありません。主寝室も地下に作り、外の雑音や騒音とは無縁の静かな時間を過ごせています。

外の光を取り込んでもらえるよう坪庭も作ってもらい、全体的に優雅な雰囲気を感じられる家になりました。

子育てを考えて採光を取り入れる

プライバシーを意識して、作り付けの机やベッドをうまく組み合わせた子供部屋を作ってもらいました。少し狭いですが、照明の配置を利用した明るい感じの個室になったと思います。

角地だったので3方向から採光を取り込めるような窓にし、玄関から家の中へ続くアプローチは黒い鏡面光沢タイル敷き。細長いスペースですが、まるでホテルの廊下のように仕上げて頂きました。

たくさんの収納スペースを実現

ロフト、床下収納、階段下、階段上部まで収納スペースをとってもらえました。

1階のダイニングキッチンは、壁の上下に細引き違いの窓をつけてもらったおかげで、かなり風通しが良く光も入ってきます。

道路に面していますが、高さのある窓で外の状況はまったく気にならず、気兼ねすることなく食事をとれます。

動線を考えた3階建ての家

屋上で洗濯物を干したかったので、浴室を3階にしてもらいました。物干しや落下防止の手摺りも作ってもらえて良かったです。

寝室をリビングと同じフロアにし子供部屋を3階に配置、子供たちの外出や帰宅をしっかり確認できます。鉄骨階段にしたことで部屋も明るくなり、外壁もシンプルでスタイリッシュにまとめてもらえました。

セキュリティに配慮したデザイン

道路に面しているため、防犯面を考えて外から見えない中庭にしてもらえました。浴室もガラス張りのドアを選びましたが、外部からは見えないようになっているため安心してリラックスできます。

夜は中庭でホームシアターもできるようになっていて、リビングが吹き抜けで開放的です。キッチンからリビングまでは広々した空間があり、まったく圧迫感はありません。

イーハウスデザインに所属する建築士を紹介

イーハウスデザインの代表でもある建築士の黒沼和晃さん。大工からこの世界に入り黒沼工務店を立ち上げ、株式会社晃栄ホームにまで拡大させました。

経営者としての手腕と技術スキルを持ち合わせており、お客さん第1にコミュニケーションを図りながらデザインを作り上げていきます。

人気の設計士と連携したデザインは、見た目だけではなく耐久性にも優れ、こだわり抜いた発想と技でオリジナルの強みを余すところなく発揮させているでしょう。

デザインを重視しすぎて予算オーバーになる。逆に予算ばかりに注目して建売住宅のようになっては、オーダーメイドとして残念な結果に終わります。

そんな気持ちから、わかりやすい説明でお客さんと打ち合わせをし、予算や希望に合わせ細かい見積もりや設計を準備しています。また、営業や経理、現場監督と一緒になって、他では難しい狭小住宅を手がけています。

東京で狭小住宅を手がけるイーハウスデザインの特徴

イーハウスデザインで建てた東京の狭小住宅施工事例イーハウスデザインは、大田区の工務店・株式会社晃栄ホームのハウスブランド。
設計事務所と施工会社がタッグを組んで「デザイナーズハウス1500」などに代表される、新しい家づくりのカタチを提案しています。

デザイナーズハウス1500とは、優れたデザイン性の狭小住宅をできるだけリーズナブルな価格で提供しようというコンセプトの商品。
具体的には、延床面積が80㎡ほどの木造3階建てのデザイナーズハウスを1,500万円(設計料・監理料は別)で提供しています。

建材や設備機器などの仕様をパターン化し、最短ルートで仕入れていることで価格に還元しているようです。
こうして、無理をせずともクオリティの高い注文住宅が建てられると、最近人気が出ています。

対応地域

注文住宅の対応エリアは東京都、千葉県、神奈川県です。

人口が多く、狭小な土地になりやすい住宅地での施工を得意としているようです。

デザインへのこだわり

  • 変形地でも構造と耐久性はお手の物

「道や間口が狭い」「土地の形状が変形している」そういった変形地であっても、確かな耐久性とライフスタイルに合わせた住み心地をベースに、土地を最大限活用可能なデザインを追求しています。

 施工実績を見ても、直線を基調とした組み立てに対して卓抜とした外観。

木目調のもの、黒を中心にシックにまとめたものなど、これまでの知識と経験を集約させたデザインで閉塞感を感じさせない工夫が施されています。

  • 光を取り込むテクニック

周囲の建物の高さによっても変わってきますが、どんな条件でも光を取り込めるように窓やバルコニーをデザインしています。

単純に窓のサイズをを大きくするだけでは、近隣から家の中が丸見え状態で住民のプライバシーがおざなりに。

さらに隣家と距離が近ければ問題になりかねないため、採光とプライバシー保護を両立させたレイアウトや空間に仕上げます。

天井から光が差し込む構造のリビング、リビングと繋がるデッキテラス、パンチングメタルを付けた窓など、太陽の光をうまく取り込む設計と明るいデザイン演出で、狭小住宅とは思えないくらい魅力的な家を作ります。

  • 居住空間の確保と遊び心

ロフトでスペースを生み出したり、地下にウォークインクローゼットを設けることで、限られた空間を無駄なく使えます。

子供の荷物に場所を取られる問題も、デッドスペースと組み合わせた収納空間を確保すればOK。

それぞれの個室もスキップフロアにして立体的な空間を作れば、必要な数も用意可能です。

施工実績の中には、16坪の敷地面積の中に二世帯住宅を建築したという例もあります。

  • 既製品の建材とオリジナルの組み合わせ

一般的な部分には既製品の建材を使い、こだわりたいポイントでは、オリジナルのアイデア施工で狭小住宅の中に家族の希望を取り込みます。

コミュニケーションを取りやすいようにした、子供部屋からのスリット窓。趣味のバイクを直接入れることのできるガレージ。

施工主の数だけカスタマイズの事例も違い、クリニックやシェアハウスなどへも応用を利かせているでしょう。

  • ゼロエネルギー住宅への取り組み

イーハウスデザインではSW工法(スーパーウォール工法)などを提案して、国のZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)に対応したデザインを心がけています。

太陽光発電で省エネに近づけるのではなく、狭小住宅だからこそできるアイデアを取り入れています。

会社概要

会社名 株式会社晃栄ホーム
所在地 東京都大田区北馬込2-54-15
登録・許可 東京都知事許可(般-21)第132251号

デザインに妥協しない東京の狭小住宅会社12選

狭小物件の施工事例まとめ

狭小住宅を建てる際にこだわりたいこと

初めて狭小住宅を建てる人が知っておきたいこと