• No.1株式会社ホープス

    東京の狭小住宅会社ホープスのイメージ

    Official WebSite

  • No.2パパママハウス株式会社

    東京の狭小住宅会社パパママハウスのイメージ

    Official WebSite

  • No.3株式会社渡辺ハウジング

    東京の狭小住宅会社渡辺ハウジングのイメージ

    Official WebSite

ホープス

「施主が人生を楽しめる狭小住宅」を提案する株式会社ホープスを紹介します。施工事例や利用者の口コミ情報を集めました。

東京の狭小住宅建築で評判の株式会社ホープスをリサーチ

「狭小住宅だからこそ家づくりに妥協したくない」「想像通りじゃなく、想像以上の家にしてほしい」と考えるかたにおすすめの工務店、それが株式会社ホープスです。

独自のヒアリングから施主にとって最適な家を提案

ホープスが手掛ける狭小住宅は独創的なデザインが特徴です。「独創的」といっても、建築家が自分の理想を押し付けてできたようなデザインではありません。「狭小住宅だからこそ、自分の理想を超える家をプロに建ててもらいたい」「絶対に妥協はできない」と考える顧客と、それに応えるホープスの高い提案力から、唯一無二のデザインが生まれるのです。ホープスの提案方法をさらに詳しく見ていきましょう

「理想の家」より「最高の家」を提案

顧客が一人で考えた「理想の家」そのままを提案にしてしまわないのがホープスのオリジナリティ。ホープスは丁寧なヒアリングをした後、独自のワークショップを通じて顧客が心の奥底に持っている「人生を楽しむポイント」を掘り起こしていきます。

そして、「人生を楽しむためにはどんな住宅であるべきか」という視点から、顧客と二人三脚で「最高の家」を考えていくのです。

顧客一人が考えた「理想の家」は例え非の打ちどころがなくとも、住む時間が経過すれば家に対する感動が薄れていきます。しかし、顧客一人ひとりの「人生の楽しみ方」から導きだされた「最高の家」は、住めば住むほどにその住宅に対する愛情が深まっていくのです。

モノではなく生き方を提案

顧客にせよ建築家にせよ、一人の人間の頭で考えられた住宅を建てるのを良しとしないのがホープススタイル。家という「モノ」を作って販売するのではなく、「家づくり」ということを通じて「幸せな生き方」を提供するのがホープスの特徴だと言えます。

ただ単に「ガレージ付きの家」や「サーフボードが見栄え良く飾れる家」を建てているのではありません。車を最高に楽しめる人生を、サーフィンを愛し続けられる住宅を作っているのです。

ワンストップで家づくりを任せられる

工務店+設計事務所の形態をもつホープスは家づくりにおいて設計から施工・保守管理までトータルで請け負ってくれます。そのため、「設計事務所と話し合った内容が工務店の施工に全く活かされていない!」といったトラブルはナシ

「土地が広い郊外より狭小でも東京に」と考える方は住宅や生活について強いこだわりを持っているはず。そのこだわりを家づくりに反映させるなら、工務店と設計事務所が一体となったホープスほど最適な会社はないのではないでしょうか。

SE構法のプロフェッショナルとして認定されている

ホープスの狭小住宅木造建築の最先端である、「SE構法」を採用していることも注目です。
一棟一棟の緻密な構造計算をもとに、従来の木造建築では不可能とされた最大空間を実現するSE構法は、限られた土地に安全で快適な空間を実現したい狭小住宅に最適な施工技術といえるでしょう。

このSE構法を取り入れている会社は数多くありますが、ホープスはそのなかでも「プレミアムパートナーズ」に選ばれています。
これは次のような厳しい条件をクリアしなければ、認定されないものです。

  • 施工数が多い
  • 経営状態が良い
  • 社長の人柄等も評価に値する

このSE構法のプレミアムパートナーズですが、東京ではたったの13社しか認められていません。
(SE構法を実施する会社は、全国で200~300ある)
ホープスの技術力と信頼性が、非常に高いレベルにあることが分かると思います。

対応地域

注文住宅の施工エリアは、東京都・川崎市・横浜市。

細切れになった土地が多い地域での施工が得意で、狭小住宅専門とも言えるのがホープスです。

移住・住みかえ支援適合住宅

SE構法で建てられ、長期優良住宅としての申請を行ったホープスの住宅には「移住・住みかえ支援適合住宅制度」が適用されます。この制度は、高品質な住宅だけに認められる借り上げ保証制度。もし将来、生活に変化があってホープスで建てた家を離れる場合には、公的機関がその住宅を借り上げて家賃を払ってくれます。住んでいる時間だけでなく、そこでの生活から離れた後もあなたの人生をサポートしてくれるのがホープスの住宅です。

ZEH(ゼッチ)水準の省エネ性能を実現

ホープスでは ZEH(ゼッチ)水準の省エネ住宅を建てることが可能です。ZEHとはゼロ・エネルギー・ハウス(Zero Energy House)の略で、エネルギー消費量をゼロに近づける仕組みを持った家のこと。高効率なエネルギーシステムや断熱性の高い住宅外皮、太陽光発電をはじめとした再生可能エネルギーの導入によりZEHが可能に。ZEHの住宅を建てる際には補助金や助成金が利用できる場合もあります。

狭小住宅は、面積の狭さから太陽光発電による発電効率が悪く、これまでZEHの家を建てるのは困難でした。

そんな狭小住宅におけるZEH水準を実現可能としたのはホープスの高い技術力です。「一生住むつもりで建てる家だからこそ、デザインだけでなく機能性にも妥協できない」と考える方は、ホープスに機能面での相談をしてみてはいかがでしょう。

空間の使い方

ホープスの施工事例には、狭小住宅ながらも大きな空間を作りだしているものが多く見られますSE構法の強みを活かした、広い空間、開放感のある吹き抜けなどが目立つはずです。例えば広いリビングや余裕のあるガレージハウス、一つの階層がまるごとオープンなワンルームになっているケースもなど、木造とは思えない広い空間を実現しています。高い吹き抜けとセットになったインナーバルコニーは、もはや狭小住宅だとは感じられないでしょう。

フレキシブルで無駄のない空間使用

ニッチな空間を無駄にせず使う、メリハリのある間取りもホープスの特徴。細かいスペースは収納やデスクスペースなどとして活用し、広くとれる空間はできるだけ広いまま使う柔軟な設計で、生活に不便を感じさせない狭小住宅を作るのです。

ホープスでは、空間構造を完全には切断せず、間仕切って小さな部屋を作ったり、区切った部屋をさらに大きな空間へと戻したりできる状態に保つ施工を行うことがあります。10年後、20年後にライフスタイルが変化してもフレキシブルに対応できる家づくりを行っているのです。

長期的な視野においても空間を無駄にしないのは、狭小住宅を建てる人にとってありがたい設計・施工ですね。

施主中心のデザインへのこだわり

ホープスの住宅デザインには、「カントリー風」や「インダストリアル風」などといった特定の傾向は見られません。これはホープスが自社のスタイルを押し付けることをせず、「一人ひとりの施主が人生を楽しめる家」を考えた家づくりを行っているから。施主それぞれにとっての「最高の家」を実現した結果、多様なデザインの家を作ることになっているのです。

また、ホープスは造作家具を得意としており、必要に応じてその家のためだけの一点もの家具を作ってくれます。こういったオーダーメイドな家づくりの姿勢も、ホープスのデザインジャンルを特定できない理由だと言えるでしょう。

どんなスタイル・ジャンルの家でもデザインできる懐の深さ、技術の幅広さがホープスの「施主中心の家づくり」の秘訣です。ホープスは「大手ハウスメーカーの建てるだれにとっても住みやすい家より、人生を楽しめるオンリーワンの住宅がほしい!」という方に、特におすすめの工務店だと言えますね。

ホープスで建てた東京の狭小住宅施工事例

ここでは、ホープスの施工事例を紹介します。

A邸

ガレージと生活空間が一体となった住宅です。車が趣味だというご主人が「『車を見る』のではなく『車と住む』家がほしい」と考えたところから家づくりが始まっています。ホープスは広々とした空間と高い耐震性をSE構法により実現。「ガレージ付きの家」というところにとどまらない、「車を愛する人のための住宅」ができあがりました。

ホープスの狭小住宅施工事例 ホープスの狭小住宅施工事例

場所…世田谷区鎌田
竣工年…平成29年
構造…地上3階建木造(SE構法)
述床面積…130㎡~

B邸

ホープスが建築のプロとして、プライドをもって作り上げたZEH(ゼッチ)の狭小住宅です。ソーラーパネルや蓄熱効果の高いコンクリブロックなどの設置により、省エネながらも快適に暮らせる家を実現。ZEHの補助金も無事承認されました。ZEHの補助金取得はホープス側からの提案だそう。モノとしての住宅ではなく、そこで暮らす人の人生にまで目を配るホープスならではの提案だと言えますね。

ホープスの狭小住宅施工事例 ホープスの狭小住宅施工事例

場所…狛江市駒井町
竣工年…平成29年
構造…木造(SE構法)
述床面積…100~115㎡

ホープスが手がけた狭小住宅施工例を見る>>

C邸

変形狭小住宅である点をうまく利用し、プライベート感あふれるオシャレな隠れ家風住宅に仕上げたC邸。周囲には建物が隣接していますが、巧みな採光により圧迫感は全くありません。隅田川から吹き抜ける風通しもよく、「東京の居心地の良さ」を感じさせてくれる住宅だと言えそうです。

ホープスの狭小住宅施工事例 ホープスの狭小住宅施工事例

場所…墨田区本所
竣工年…平成27年
構造…木造(SE構法)
述床面積…65~80㎡

D邸

アンティークなアイテムが好きだという家族のために作られた2階建ての住宅。中に入るととても狭小住宅とは思えない開放感ある作りになっています。暮らしやすい日常性とそのままインテリア雑誌の表紙を飾りそうな非日常性を合わせもつこの家を、施主の友人は「ホテルみたい」と評しているそう。ダイニングテーブルやテレビ台はホープスがこの家のために作ったものです。一点ものだからこその住宅と溶け合った魅力がありますね。

ホープスの狭小住宅施工事例 ホープスの狭小住宅施工事例

場所…新宿区北新宿
竣工年…平成28年
構造…地上2階建木造(SE構法)
述床面積…130㎡~

ホープスの公式サイトで施工事例をもっと見る>>

東京でこだわりの狭小住宅を建てる会社5選を見る>>

ホープスで東京に家を建てた人の声

  • 東京都台東区在住の男性
    ホープスさんに「猫と楽しく暮らせる家」をコンセプトの住宅を依頼しました。「リビングを3階にもってきてはどうか」と提案された時にはさすがに驚きましたね!でも、説明を聞いているうちになんだかそれがすごくいいアイディアに思えてきて実行。いまは友だちを3階のリビングに招いて、そこから出られるバルコニーでバーベキューを楽しむ日々です(笑)。動線設計がうまいからか、3階に上るのも思ったほど苦になりませんね。
  • 東京都世田谷区在住の男性
    母が引っ越してくるのに合わせて、狭小な敷地に二世帯住宅を建てたいと考え、ハウスメーカー・工務店に片っ端からあたってみました。そんななか、こちらの要望に一番真摯に応えてくれたのがホープスさんです。家づくりはもちろんのこと、ローンや登記手続き、移住・住みかえ支援のことも含め、家づくり全体をサポートしてくれました。できあがった家を妻が特に気に入っているようで、「『あるといいな』と思う設備が全部ある家」だと言っています。
  • 東京都江東区在住の男性
    SE構法の住み心地の良さを実感しています。
    狭小住宅でも風通しがよく、真夏でも遮光ブラインドが光を防ぎ、心配していた程の暑さはなく過ごせました。抜けて見える青空は気持ちよく、見慣れた今ではもう普通の光景となっています。
  • 東京都港区在住の男性
    SE構法だと柱が太くなるという一面もありますが、ミリ単位の施工で対応いただき、望み通りの空間を実現することができました。
    部材の選択から細かい納まり、防水処理に至るまで、ホープスさんのチームワークと技術力のおかげでクリアしていただき、世界に二つとない木の家になったと思います。

会社概要

会社名 株式会社ホープス
所在地 東京都世田谷区尾山台3-24-6
登録・許可 建設業許可 東京都知事許可(般-21)第122923号
一級建築士事務所 東京都知事登録 第44784号

デザインに妥協しない東京の狭小住宅会社12選

狭小物件の施工事例まとめ

狭小住宅を建てる際にこだわりたいこと

初めて狭小住宅を建てる人が知っておきたいこと