• No.1株式会社ホープス

    東京の狭小住宅会社ホープスのイメージ

    Official WebSite

  • No.2パパママハウス株式会社

    東京の狭小住宅会社パパママハウスのイメージ

    Official WebSite

  • No.3株式会社渡辺ハウジング

    東京の狭小住宅会社渡辺ハウジングのイメージ

    Official WebSite

ホープス

3つのスタイルで狭小住宅を提案する、株式会社ホープスを紹介。施工事例や利用者の口コミ情報を集めました。

東京の狭小住宅建築で評判の株式会社ホープスをリサーチ

ホープスは、狭小住宅でもとにかくデザインにこだわりたい人にオススメしたい工務店です。

オリジナルスタイルで施主の想いを実現

ホープスが手がける狭小住宅は、デザイン性の高さに特長があります。

もともと外観・内観を含めたデザインに、高い評価を得ているホープス。
「狭小住宅だからこそ、デザインには絶対妥協したくない」そんな考えを持つ顧客から支持を得ているそうです

そんなホープスの狭小住宅デザインには、長年培った独自の提案方法があります。

ホープスオリジナルの提案方法

よくある型にはまった提案ではなく、施主の希望ありきで建てる方法です。
まるで建築事務所のように、丁寧なヒアリングをして理想の家に近づけていきます。

ホープスは、ヒアリングにはかなりの時間を使い、丁寧に希望を聞いてくれます。
もちろん、最初から具体的な要望というのは出づらいもの。

施主の趣味や好きなこと、家族でかなえたいことなどからヒアリングしてくれます。
例えば、「車が好きであればガレージ付きの家」「趣味がサーフィンならボードをかっこ良く見せる室内デザイン」など、
とにかく施主のためにとことんこだわって提案してくれるのが『noie(ノイエ)』なのです。

ここまで挙げたように、ホープスは工務店でありながら「+建築家」のスタイルを採用することで、施主の希望に沿った家づくりを提案してくれるのです。

ワンストップで家づくりを任せられる

ホープスに家づくりをお願いすれば、設計から施工・保守管理までトータルで依頼できます。

いわゆる設計事務所の場合、デザインは担当するけど施工は工務店任せになることが多々あります。
また、一般的な工務店だとデザインは既存のものから選ぶ形になり、こだわりが反映させにくいといったデメリットがあります。

工務店+設計事務所の形態をもつホープスなら、狭小住宅のデザインに強くこだわりを持ちながら、施工~アフターケアまで依頼が可能
施主にとっても非常にメリットの大きい会社だと思います。

SE構法のプロフェッショナルとして認定されている

ホープスの狭小住宅木造建築の最先端である、「SE構法」を採用していることも注目です。
一棟一棟の緻密な構造計算をもとに、従来の木造建築では不可能とされた最大空間を実現するSE構法は、限られた土地に安全で快適な空間を実現したい狭小住宅に最適な施工技術といえるでしょう。

このSE構法を取り入れている会社は数多くありますが、ホープスはそのなかでも「プレミアムパートナーズ」に選ばれています。
これは次のような厳しい条件をクリアしなければ、認定されないものです。

  • 施工数が多い
  • 経営状態が良い
  • 社長の人柄等も評価に値する

このSE構法のプレミアムパートナーズですが、東京ではたったの13社しか認められていません。
(SE構法を実施する会社は、全国で200~300ある)
ホープスの技術力と信頼性が、非常に高いレベルにあることが分かると思います。

対応地域

注文住宅の施工エリアは、東京都・川崎市・横浜市。

細切れになった土地が多い地域での施工が得意で、狭小住宅専門とも言えるのがホープスです。

デザインへのこだわり

外観は非常にシンプルで、凹凸が少なく飽きのこないデザインが主流です。これは限られた土地を有効に使うためにそうなっているのですが、そうしたシンプルな形状に白やグレーなどの外壁を用いることが多く、クールでかっこいい、そんな雰囲気の外観が生まれます。

そしてホープスの間取りは、狭小住宅ながらも大きな空間を作っているパターンが非常に多くなっています。施工事例を見れば、SE構法の強みを活かした、広い空間、開放感のある吹き抜けなどが目立つはずです。

例えば広いリビングや余裕のあるガレージハウス。一つの階層がまるごとオープンなワンルームになっているケースもあり、木造とは思えない広い空間を実現しています。高い吹き抜けとセットになったインナーバルコニーは、とても狭小住宅だとは感じられないでしょう。

これはSE構法だからこそできる大きな空間を生み出せるというメリットをホープス側が提案したからだけではなく、狭小住宅でありながらも広い空間を求める施主があえてホープスを選んだからなのかもしれません。

そしてニッチな空間を無駄にせず収納やデスクスペースなどとして活用し、広くとれる空間はできるだけ広いまま使う。そうしたメリハリのある間取りが特徴だと言えるでしょう。

また空間を駒切りにしないことで、将来的に間仕切って小さな部屋を作ったり、区切った部屋をさらに大きな空間へと戻したりできます。今の生活だけではなく、10年後、20年後に変化していくライフスタイルにも対応できるようなフレキシブルさは大きな価値があると言えます。

家の中の雰囲気を見ていくと、カントリー風であったり、ナチュラルでシンプルであったり、時にはインダストリアル風であったりと、特定のデザイン傾向が強いとは言えません。

これは、ホープスが施主を主体としたデザインにこだわった家を作っているからです。施主のこだわりや趣味、夢を実現することがホープスのこだわり。施主のこだわりを実現する、それがつまりはホープスのこだわりなのです。

そのため画一的な建売とは異なる個性が生まれ、「かっこいい家」であったり、「シンプルだけど暮らしやすい家」であったりと、そこに住まう人のキャラクターが見えるような家になっていくのでしょう。

そしてホープスは機能性を高める造作家具が得意です。規格品では決して生まれない一点ものの家具は、それだけで個性を生み出します。

利便性を捨てることなく、それでいて自分らしい暮らし方、住み方が実現できるようにホープスはさまざまな工夫を凝らしているのがわかります。

ホープスで建てた東京の狭小住宅施工事例

ここでは、ホープスの施工事例を紹介します。

A邸

建築面積約13坪の土地で、「可能な限り広く感じるリビングを」という施主の要望を実現。SE構法により壁のないワンルーム空間のリビングを実現したり、空間のボリュームを可能な限り大きく演出するため、階段を軽さのある鉄骨仕様にしたり、全体的に白を基調とすることでさらに広がりを見せるなど、各所に工夫が凝らされています。

ホープスの狭小住宅施工事例 ホープスの狭小住宅施工事例

場所…東京都世田谷区
竣工年…平成24年
構造…木造(SE構法)
述床面積…108.21㎡

B邸

大きな吹抜と間仕切りのないワンルームを設け、狭さを感じさせない空間を創り出した狭小住宅。室内は木の温もりを全面に感じるデザインに、さらに壁材に珪藻土を使うなど温かみがあって自然と一体化した住まいを実現。北側道路のため光を取り込むため、開口部の位置や大きさに工夫を凝らし、光と風の通る明るい空間を実現しています。

ホープスの狭小住宅施工事例 ホープスの狭小住宅施工事例

場所…東京都江東区
竣工年…平成24年
構造…木造(SE構法)
述床面積…74.24㎡

ホープスが手がけた狭小住宅施工例を見る>>

東京でこだわりの狭小住宅を建てる会社5選を見る>>

ホープスで東京に家を建てた人の声

  • Cさん(東京都江東区)
    SE構法の住み心地の良さを実感しています。
    狭小住宅でも風通しがよく、真夏でも遮光ブラインドが光を防ぎ、心配していた程の暑さはなく過ごせました。抜けて見える青空は気持ちよく、見慣れた今ではもう普通の光景となっています。
  • Dさん(東京都)
    SE構法だと柱が太くなるという一面もありますが、ミリ単位の施工で対応いただき、望み通りの空間を実現することができました。
    部材の選択から細かい納まり、防水処理に至るまで、ホープスさんのチームワークと技術力のおかげでクリアしていただき、世界に二つとない木の家になったと思います。

会社概要

会社名 株式会社ホープス
所在地 東京都世田谷区尾山台3-24-6
登録・許可 建設業許可 東京都知事許可(般-21)第122923号
一級建築士事務所 東京都知事登録 第44784号

デザインに妥協しない東京の狭小住宅会社12選

狭小物件の施工事例まとめ

狭小敷地で家を建てるならこだわりたい3つのこと

初めて狭小住宅を建てる人が知っておきたいこと