• No.1株式会社ホープス

    東京の狭小住宅会社ホープスのイメージ

    Official WebSite

  • No.2パパママハウス株式会社

    東京の狭小住宅会社パパママハウスのイメージ

    Official WebSite

  • No.3株式会社渡辺ハウジング

    東京の狭小住宅会社渡辺ハウジングのイメージ

    Official WebSite

仲村建築店

打合せから施工までワンストップで担当する、東京・仲村建築店をチェック。狭小住宅の施工例や口コミ評判などを掲載しています。

東京で狭小住宅を手がける仲村建築店の特徴

仲村建築店施工例
画像引用元:仲村建築店
http://www.design-kenchiku.jp/b_room-w_house.html

東京都世田谷区にある仲村建築店では、自然素材を使ったデザイナーズハウスフライハウス」というブランドを提供しています。

長期優良住宅をかなえるSE構法の住まい、木炭によってシロアリを防いだり防腐剤となる床下調湿剤「ヘルスコキュアー」を使うなど、ワンランク上の自然派住宅を提供。こうした住まいのプランの打ち合わせから自社施工するのが仲村建築店です。

また、施主の想いをデザインすると理念に掲げるだけあって、デザイン性の評判も良いようです。
オリジナリティにあふれる、世界で1つだけの狭小住宅を提案してくれます。

対応地域

仲村建築店は世田谷を中心とした東京都内で営業エリアを展開しています。ただし公式ホームページに、設計は日本全国だけでなく海外対応も行っているとありますので、ご興味のある方は直接窓口へお問い合わせください。

デザインへのこだわり

快適な『わたしの居場所』にこだわったマイホームを提供している仲村建築店の特徴は、施主さんだけのオリジナルプランの具現化です。

例えば陽だまりの下で、清い川のせせらぎに耳を傾けるような、そんな癒しを与えてくれるマイホーム造りに徹底的にこだわっています。

その為に狭小という限られたスペースをいかに有効利用するのか、それは家のデザイン・レイアウト次第で全く変わってしまう事を仲村建築店は熟知しています。

心を癒して体を健康へと育むマイホームこそがストレス社会に必要だとの信念を貫いた家造りに特化しています。

そんな仲村建築店のデザインでは、まず玄関部分の工夫が見られます。自然光を存分に利用したガラスの庇で、玄関を明るく強調する工夫が見事です。

また狭小住宅ではワンフロアのレイアウトがミソになりますが、仲村建築店では壁を造るのではなくパーテーション式の仕切り戸を採用し、スライドさせてフルオープンにする事で広いリビングを確保するアレンジが見られます。

ダイニングテーブルから見上げると、屋上までの吹き抜けが備えてあって、真っ青な空を望めるデザインも素晴らしいですし、リビングの外側にウッドデッキのテラスを設ける事で、縁側の日向ぼっこが楽しめるアレンジもあります。

またスケルトン調の螺旋階段を採用する事で、階段全体が吹き抜け効果を発揮し、階下に十二分な自然光を導入してくれます。通常の階段部分の場合は、階段の下をトイレ・洗面台のスペースにする事で、他の間取りを大きく取る工夫も見られます。

収納スペースの確保にもこだわりのノウハウがいっぱいです。

例えばキッチン・ダイニングの窓がない壁一面を収納棚にアレンジしたり、螺旋階段の壁に縦方向の棚を長く作って小物棚として利用したり、間仕切りを移動式家具で代用したりと、デットスペースを作らないのはもちろん、ありとあらゆるパーツを有効利用する点でも優れています。

仲村建築店の建築理念の根幹は、室内を自然光で満たして草原や河原の様な癒し空間を演出すること。天井付近にたくさんの明り取りの小窓を配置するのも中村流です。

屋上のバルコニーに上がると、そこから3階の室内を見ることもできる、そんなオシャレな工夫が光ります。

施主家族のためだけの作品づくり

仲村建築店は、家は売るものではなくつくるもの、というコンセプトで「施主家族のためだけの、世界にたったひとつの住空間という作品づくり」にこだわっています。

仲村建築店は「建築の部分だけを切り取って考える、などというようなデザイン設計では全体のバランスが取れず、居心地のいい住空間はできない」という考えを持っています。

そのため、施主に詳細なヒアリングをした上で、建築・外観・内観・外構・温熱環境などをはじめとした「住空間に関わるもの全て」の相互関係をしっかりと調整するための設計をし、バランスのとれた居心地のいい住空間の実現を目指していくというスタイルをとっているのです。

施主が心から望んでいる家の実現を目指す

仲村建築店の代表取締役でもある建築家・仲村和泰氏のモットーは「施主が心から望んでいることを実現するために、自分の建築デザイン能力を最大限に使う」ということです。

仲村建築店が主に手がけているのは狭小住宅なので、限られた土地を生かすための様々な工夫が求められます。

仲村氏は、たとえ狭くともその土地や建物には無限の可能性があると考え、その可能性を引き出すために「できること」をどんどん探し、見つけていきます。

「狭小」という不利な条件もひとつの個性としてとらえ、その個性を最大限にプラスに伸ばそうと挑戦していくというスタイルなのです。

また、仲村氏は「一度決めたコンセプトは極力貫きつつも、施工段階でうまくいきそうにないと感じた時は、柔軟に変更をしたり、時には撤退の決断もする」ということも大切にしています。

施主の要望も取り入れた上で、練りに練って決めたデザインを、いざ施工の段階で変更や撤退をするというのは、非常に勇気がいることです。

しかし仲村氏は過去の苦い経験を踏まえ「デザイン性を優先しすぎるあまり、肝心の機能面で不具合が起こっては何にもならない」ということを念頭に置き、あくまで「施主家族の、今後の長年の住みやすさ、快適さ」を最優先するスタンスをとっています。

そして仲村氏はさらに、実際に施行をする職人とのチームワークも重視。

職人が現場で最大限の力を発揮できるよう環境面に配慮したり、職人からの提案があればそれもしっかりと聞いて検討するなど、「お互いを尊重しつつも馴れ合わず、何でも言い合えるような関係」を常に目指しています。

建築家としての自分のデザイン力を発揮しようというだけでなく、様々な配慮も忘れない。これも全て、仲村氏のモットーである「施主が心から望んでいる家」を実現するためなのです。

コストダウンのための徹底した工夫

仲村建築店は、「同じ予算で建てるならワンランク上の家を建てる」というコンセプトで家づくりをしています。

「大手メーカーのほうが、大量仕入れでコストダウンができるのではないか」と思う人もいるでしょうが、大手メーカーは派手な広告・CMや住宅展示場などに多額のお金を使っています。

そのため、たとえ仕入れの面でコストダウンできていたとしても、こうした販促費が家の価格に上乗せされてしまうという側面があるのです。

これに対して仲村建築店は派手な広告は出さず、展示場もあえて持たず、販促費を徹底的に抑える努力をしています。

さらに仕入れについても、できるだけ安く仕入れるために「大手建材メーカーの協力のもと、全国8000社の工務店ネットワークを駆使して、どの建材がいくらの仕入れ値で取引されているかを調査する」という独自のやり方で、ベストな仕入れタイミングを模索し、コストダウンにつなげています。

さらに建築にたずさわる職人の「現場作業で発生しがちなムダ」も極力減らす工夫もし、ここでもコストダウンを図っています。

仲村建築店はこうした様々な工夫をすることで、同じ予算でワンランク上の家づくりを実現しているのです。

もちろん、ワンランク上に仕上げるのは、目に見えるところだけではありません。基礎や構造など、家が完成すれば見えなくなるところにも強いこだわりを持って、家づくりをしています。

仲村建築店で建てた東京の狭小住宅施工事例

O邸

敷地延長部分が15mの旗竿状の変形地に建つ、木造2階建ての二世帯狭小住宅。まわりを家に囲まれ陽当りの悪い環境のため、1階は玄関までを一つの空間として掃き出し窓を配置することで、太陽の光と風を確保。また、外部空間と連動させ広がりを見せるため、可動間仕切り戸やオリジナルデザインのカウンター式の洗面化粧台を製作して配置しています。

仲村建築店で建てた東京の狭小住宅施工事例

K邸

駅前商店街の一角に建つ3階建て狭小住宅。1階と2階は貸店舗で居住スペースは3階のみです。周辺は店舗やマンションなど背の高い建物ばかりの土地のため、3階のLDKの天井を一部高くして、壁には横長の連続窓を屋上に向けて設置。3階LDKと屋上を視覚的に連続させることで、太陽の光と開放感と空間の連続性を確保しています。

仲村建築店で建てた東京の狭小住宅施工事例

T邸

赤堤4丁目に建てられた狭小住宅。2階は天井板のない小屋裏的な仕様になっているのが特徴で、隣家の日照をさえぎらないために建物の高さを抑えつつも、開放感のある仕上がりとなっています。ご主人のためのプライベート空間として、「いったん2階のバルコニーに出てから入る」という離れ部屋があるのもユニークなポイントです。また、室内の壁天井にはトータル1万本以上もの鍋ビスが使われており、この鍋ビスを少し緩めると、壁フック代わりにも使えます。

仲村建築店で建てた東京の狭小住宅施工事例

H邸

線路沿いに建つ狭小住宅。奥様の要望で、階段の段差を通常よりも低くしたことにより「階段の段数が増え、階段にとられる面積が大きくなる」という問題に直面。この問題をクリアするために「階段を中心に配置し、その周りにキッチン・ダイニング・リビングをゆるやかに分け隔てるように配置する」という工夫をこらしました。階段上部には天窓を配置して、自然光による採光性を高めています。

仲村建築店で建てた東京の狭小住宅施工事例

東京でこだわりの狭小住宅を建てる会社5選を見る>>

仲村建築店で東京に家を建てた人の評判

  • Oさん(東京都)
    どのハウスメーカーを訪ねても自社商品に当てはめてプランニングばかりされ、しかも予算オーバーでした。しかし、仲村建築店さんは私たちの家族構成やこだわりに耳を傾けてくれ、納得の行くオリジナルプランで予算内に納めてくれました。工事中は大工さんが進捗を親切に教えてくれましたし、とても感謝しています。
  • Kさん(東京都)
    「ワンランク上の家」を建てるという仲村建築店のキャッチフレーズに半信半疑でしたが、「何でこんなすごい家がこの金額で建つの?」と、正直驚いています。オリジナルプランでありながら、後で調べてわかったのですが本当に適正価格。とっても満足しています。

会社概要

会社名 有限会社仲村建築店
所在地 東京都世田谷区赤堤5-1-13
登録・許可 建設業許可番号:東京都知事 許可(般-22)第30320号
一級建築士事務所 登録番号:東京都知事登録 第46381号

デザインに妥協しない東京の狭小住宅会社12選

狭小物件の施工事例まとめ

狭小住宅を建てる際にこだわりたいこと

初めて狭小住宅を建てる人が知っておきたいこと