• No.1株式会社ホープス

    東京の狭小住宅会社ホープスのイメージ

    Official WebSite

  • No.2パパママハウス株式会社

    東京の狭小住宅会社パパママハウスのイメージ

    Official WebSite

  • No.3株式会社渡辺ハウジング

    東京の狭小住宅会社渡辺ハウジングのイメージ

    Official WebSite

仲村建築店

打合せから施工までワンストップで担当する、東京・仲村建築店をチェック。狭小住宅の施工例や口コミ評判などを掲載しています。

東京で狭小住宅を手がける仲村建築店の特徴

仲村建築店施工例
画像引用元:仲村建築店
http://www.design-kenchiku.jp/b_room-w_house.html

仲村建築店は東京都世田谷区で営業している住宅会社です。「フライハウス」というブランド名で、自然素材を多く利用したデザイナーズハイスを提供しています。

仲村建築店では打ち合わせからすべて一貫して自社で行っているのも特徴。依頼主とコミュニケーションをしっかり取っていくことで、より理想の家作りができるようになっています。

デザイン性も高く、おしゃれでいて快適な間取り、外観も人気。狭小住宅という限られた条件の中でも、オリジナリティのある素敵な住宅を建てることが可能です。

デザインへのこだわり

仲村建築店のデザインを、玄関から見ていきましょう。玄関には自然光が差し込むようなデザインが取り入れられ、開放的で明るい玄関を実感することができます。

さらにワンフロアのレイアウトにも仲村建築店ならではのこだわりが。壁を作るのではなくパーテーションを採用し、家主が好きなように区切れるようになっています。

パーテーションをすべて開くことで広々としたリビングを確保することができますし、パーテーションを閉めれば家族のプライベートを守ったり、来客の対応なども安心です。

さらにリビングは屋上までの吹き抜けを採用するデザインも。自然光がリビングいっぱいに差し込み、狭い室内を開放的に演出してくれます。リビングにはウッドデッキのテラスを儲けることも可能。

2階へと続く階段は、階段下をトイレや洗面所にすることで、限られたスペースを有効活用し、残りの空間をより広々を使えるようにデザインしてくれます。

キッチン、ダイニングなどは窓のない壁面をすべて収納棚にしたり、螺旋階段の壁にも棚を作ったり、間仕切りを移動式家具で代用するなど、無駄なスペースを作らず家のあらゆる部分を収納スペースに変えられるように考えています。

施主家族のためだけの作品づくり

家は売るものではなく作るものという考えのもと、世界に一つだけの家作りを目指しています。全体のバランスを考えた上で、建築、外観、内観、外構、温熱環境など、住みやすさ、デザイン性を調整し、バランスのいい快適な空間を目指しています。

施主が心から望んでいる家の実現を目指す

狭小住宅では様々な制限がありますが、その条件の中でどれだけ依頼主の希望を叶えることができるかが重要です。仲村建築店では一度決めたコンセプトは極力貫きつつ、施工段階で柔軟に変更も行っています。

依頼主と考えたデザインを途中で変更するのは大変なことですが、デザイン性を重視しすぎるあまりに機能面に問題があってはいけないという考えがしっかりあるからできることなのでしょう。

コストダウンのための徹底した工夫

仲村建築店では自然素材を多く利用していますが、できるだけ安く仕入れるための工夫がされています。8000社以上もの工務店ネットワークを利用し、一番安い時期に購入できるよう常に相場を調査しています。

現場での無駄も極力カットし、人件費などを浮かすことも可能に。ワンランク上の自然素材を用いた住宅でありながらお手頃な価格で楽しむことができるのは、このような様々な工夫によるものなのです。

対応地域

仲村建築店は世田谷を中心とした東京都内で営業エリアを展開しています。ただし公式ホームページに、設計は日本全国だけでなく海外対応も行っているとありますので、ご興味のある方は直接窓口へお問い合わせください。

仲村建築店で建てた東京の狭小住宅施工事例

O邸

敷地延長部分が15mの旗竿状の変形地に建つ、木造2階建ての二世帯狭小住宅。まわりを家に囲まれ陽当りの悪い環境のため、1階は玄関までを一つの空間として掃き出し窓を配置することで、太陽の光と風を確保。また、外部空間と連動させ広がりを見せるため、可動間仕切り戸やオリジナルデザインのカウンター式の洗面化粧台を製作して配置しています。

仲村建築店で建てた東京の狭小住宅施工事例

K邸

駅前商店街の一角に建つ3階建て狭小住宅。1階と2階は貸店舗で居住スペースは3階のみです。周辺は店舗やマンションなど背の高い建物ばかりの土地のため、3階のLDKの天井を一部高くして、壁には横長の連続窓を屋上に向けて設置。3階LDKと屋上を視覚的に連続させることで、太陽の光と開放感と空間の連続性を確保しています。

仲村建築店で建てた東京の狭小住宅施工事例

T邸

赤堤4丁目に建てられた狭小住宅。2階は天井板のない小屋裏的な仕様になっているのが特徴で、隣家の日照をさえぎらないために建物の高さを抑えつつも、開放感のある仕上がりとなっています。ご主人のためのプライベート空間として、「いったん2階のバルコニーに出てから入る」という離れ部屋があるのもユニークなポイントです。また、室内の壁天井にはトータル1万本以上もの鍋ビスが使われており、この鍋ビスを少し緩めると、壁フック代わりにも使えます。

仲村建築店で建てた東京の狭小住宅施工事例

H邸

線路沿いに建つ狭小住宅。奥様の要望で、階段の段差を通常よりも低くしたことにより「階段の段数が増え、階段にとられる面積が大きくなる」という問題に直面。この問題をクリアするために「階段を中心に配置し、その周りにキッチン・ダイニング・リビングをゆるやかに分け隔てるように配置する」という工夫をこらしました。階段上部には天窓を配置して、自然光による採光性を高めています。

仲村建築店で建てた東京の狭小住宅施工事例

東京でこだわりの狭小住宅を建てる会社5選を見る>>

狭小住宅を得意とした仲村建築店の建築家

仲村建築店の建築家である仲村和泰氏についてご紹介いたします。

仲村和泰氏の特徴

一級建築士の資格を持ち、現代建築の設計施工を専門にしています。狭小住宅のデザインも得意で、モダンなデザインの住宅を設計から施工まで一貫して行っています。

仲村和泰氏の経歴

仲村和泰氏は祖父、父から仲村建築店を受け継いだ3代目です。住宅の可能性を追求し、大工にはならずに建築家を目指したといいます。

北欧フィンランドの建築家アアルトについて、建築専門雑誌でのレポートを執筆した経歴も。今後も新たな狭小住宅のデザインを提供してくれることでしょう。

優秀な建築家が在籍する東京の狭小住宅会社12選を見る>>

仲村建築店で東京に家を建てた人の評判

  • Oさん(東京都)
    どのハウスメーカーを訪ねても自社商品に当てはめてプランニングばかりされ、しかも予算オーバーでした。しかし、仲村建築店さんは私たちの家族構成やこだわりに耳を傾けてくれ、納得の行くオリジナルプランで予算内に納めてくれました。工事中は大工さんが進捗を親切に教えてくれましたし、とても感謝しています。
  • Kさん(東京都)
    「ワンランク上の家」を建てるという仲村建築店のキャッチフレーズに半信半疑でしたが、「何でこんなすごい家がこの金額で建つの?」と、正直驚いています。オリジナルプランでありながら、後で調べてわかったのですが本当に適正価格。とっても満足しています。

会社概要

会社名 有限会社仲村建築店
所在地 東京都世田谷区赤堤5-1-13
登録・許可 建設業許可番号:東京都知事 許可(般-22)第30320号
一級建築士事務所 登録番号:東京都知事登録 第46381号

デザインに妥協しない東京の狭小住宅会社12選

狭小物件の施工事例まとめ

狭小住宅を建てる際にこだわりたいこと

初めて狭小住宅を建てる人が知っておきたいこと