• No.1株式会社ホープス

    東京の狭小住宅会社ホープスのイメージ

    Official WebSite

  • No.2パパママハウス株式会社

    東京の狭小住宅会社パパママハウスのイメージ

    Official WebSite

  • No.3株式会社渡辺ハウジング

    東京の狭小住宅会社渡辺ハウジングのイメージ

    Official WebSite

HOME » 初めて狭小住宅を建てる人が知っておきたいこと » 狭くても安心!狭小住宅の収納アイデア・収納事例

狭くても安心!狭小住宅の収納アイデア・収納事例

 狭小住宅で悩まされる収納問題。ここでは、狭い空間に収納スペースを確保するためのアイデアをご紹介します。

狭い家でも広々暮らす!収納アイデア4選

1.空間を活用して細かいものを収納

狭い家では、収納ラックや棚などを設置すること自体が難しいので、空間を上手に活用することが重要です。

例えば、壁の上の方にちょっとした板を貼り、そこに小さなジャーのフタを付けて固定しましょう。

ジャーのポット部分に、ボタンや髪留めなどの細かいものを入れてポット側からキャップを締めれば、小物を空間上に収納できますよ。

2.アクセサリーは絵画用の額を活用するとインテリアにも

ネックレスなどのアクセサリーを収納するときには、絵画用の額にキャンパスもつけて、そこに画鋲を刺してかければ、収納しつつおしゃれなインテリアに。

目の細かいスポンジ素材を貼り付けておくと、ピアスを刺しておくこともできます。

3.靴はバーなどを利用して飾るように 

狭い家では、シューズラックひとつとっても悩んでしまうもの。

そんな時は、タオル掛けやバーなどを壁に取り付けて引っ掛けるようにすれば、お店のようにおしゃれに収納できます。

4.突っ張り棒で頭上の空間を有効活用

廊下やトイレなど、幅の狭い空間では突っ張り棒などを使用して頭上に収納スペースを確保することができます。

突っ張り棒を数本用意し、その上に薄い板を置けば簡易的な棚の完成です。トイレではトイレットペーパーなどの収納にぴったり。廊下には普段はあまり使わない季節ものなどを収納しておくと良いですね。

ただし、物を乗せすぎると落下する危険がありますので注意しましょう。

壁の活用はマスト!ただしやり過ぎに注意

狭い家の収納では、やはり壁の活用は避けられません。

壁に網をつけてS字フックをつけ、細かいものをかけて収納する、角に板を取り付けて本などを収納する、よく着る服などは壁にかけておくなどなど、壁を利用した収納を実践している人は多いですよね。

こうした壁の活用は、狭い家でも効率よく収納スペースを確保するためにとてもよいアイデアなのですが、やり過ぎてしまうと狭い家の圧迫感をさらに強くしてしまい、より狭く見えてしまうことがあります。

また、壁に衣類などを大量にかけてしまうと、収納というよりも不精しているように見えてしまうことも。

壁の活用は狭い家の収納にマストではありますが、やり過ぎには気をつけましょう。

狭小住宅ならではの収納事例を紹介

狭くても収納に工夫をこらしたお宅はたくさんあります。収納の様子を具体的に知ることで、新しい発見もできるのではないでしょうか。

ここでは、限られた空間を上手に活用して収納しているお宅を紹介していきます。ぜひ家づくりの参考にしてみてください。

出窓を活用して見せる収納

狭小住宅
画像引用元:株式会社ホープス
http://archi-hopes.co.jp/

狭小住宅を建てるときに検討して欲しいのが出窓です。出窓部分は「見せる収納」にぴったりのスペースと言えます。

Mさん宅ではダイニングからキッチンにかけて出窓をとり入れ、棚としても活用できるようにしました。部屋に広がりも生まれ、開放感があります。

置き場に困ったものをただ並べてしまっては雑然とした部屋になってしまいますが、Mさんは「シンプルに、プレーンに」という考え方のもと、すっきりとした空間をつくり出しています。

「アイデアを出すときはワクワクする」と語っていたMさん。楽しみながら工夫をこらし、理想的な「見せる収納」を実現しています。

デッドスペースを活かした収納

Nさん宅はデッドスペースを活かした収納が豊富です。

階段下の空きスペースには、靴や小物を収納しておける棚をつくりました。扉で隠れるので見た目はすっきり。ごちゃごちゃしがちな雑貨もしまっておけるのでとても便利です。

また、小上がり和室をつくったので、底上げした部分は大きな収納になりました。座布団や子どものおもちゃなど幅広く収納できます。

注文住宅を建てる場合は、Nさんのように収納を工夫できることが強みになります。どこがデッドスペースになるのか、どうやったらデッドスペースを活かせるのかを考えながら、家づくりを進めることが大切なようです。

大きな物の収納場所を確保

Kさん宅は敷地面積約15坪。限られた中にたっぷり収納できるスペースを備えたお宅です。

玄関部分には土間続きの収納スペースを設けました。シューズクロークとしてはもちろん、コートやベビーカー、ゴルフバッグなどがしまっておける便利なスペースです。

また、3階部分には広い小屋裏収納があります。季節ごとに使う物をしまっておくこともできますし、書斎や子どもの遊び場として活用することもできます。

大きめの道具というのは片付ける場所に困ってしまうものです。Kさん宅は土間収納や小屋裏収納を設けることで、そんな悩みを上手に解消しています。

収納を減らして物も減らすという考え方

狭小住宅
画像引用元:株式会社ホープス
http://archi-hopes.co.jp/

Mさんは自宅のリフォームを機に、収納スペースや家具を大幅に減らしました。シンプルで開放感にあふれる空間は、とても心地よさそうです。

物を片づけるために収納を増やしていくうちに、なおさら窮屈になってしまうこともあります。「そもそも必要な物なのか?」と見つめ直すことも大切です。

「あえて収納を少なくしたので、これからも今の収納量で足りる生活をしたい」と語るMさん。必要のない物は増やさないということが、上手な収納のコツなのかもしれません。

狭小住宅ならではの収納のお悩みと簡単にできる収納術

これから住宅を建てようと考えている人は、計画をたてるのが楽しみである反面、いろいろな悩みも抱えているのではないでしょうか。とくに狭小住宅の場合、収納の悩みは大きいと思います。

ここでは狭小住宅での収納に関するお悩みと、それに対する回答やアイデアを紹介していきます。

デッドスペースの活かし方

Q.「狭小住宅での収納はデッドスペースを活かすと良い」と聞きますが、具体的にはどのような方法がありますか?

A.デッドスペースを活用する例としては、階段の下、小屋裏収納、壁厚収納などが挙げられます。

階段下のスペースは、収納棚をつくるのにもピッタリな場所です。掃除機や生活用品などあまり人に見られたくない物を収納するなら扉付きのクローゼットにするといいでしょう。また、オープンタイプの棚をつくって見せる収納を楽しむのにも向いています。

小屋裏収納は、天井と屋根の間のスペースを活用する収納です。たまにしか使わないレジャー用品や、思い出として取っておきたい荷物の置き場所としてとても重宝します。

壁厚収納は、壁の厚みを利用してつくる埋め込みタイプの収納です。もともとデッドスペースだった壁面の一部を収納棚にして飾り棚にしたり、マガジンラックにしたりと便利に活用できます。

これらは施工時につくる収納ですが、収納スペースをつくらなかった場合でも、自分でデッドスペースを活用する方法はたくさんあります。

たとえば壁面収納は、誰にでもできる手軽な収納方法です。

すのこや木材を使って壁面ラックをつくれば、小物を置いたり飾り付けたりすることができます。また、狭いスペースにもぴったり収まるストッカーやボックスはたくさん販売されていますので、収納スペースを増やすことができます。

突っ張り棒も便利なアイテムです。洗面所やトイレの中、ちょっとした壁面のすき間など、どんな狭いスペースでも収納場所として活かすことができます。

造り付け家具は必要か?

Q.これから家を建てる予定ですが、家具は造り付けをお願いしたほうがいいのかどうか迷っています。部屋をすっきり見せるにはどんな家具を選べばいいでしょうか。

A.造り付け家具が欲しいと思っても、「費用が高くつくのでは?」と心配になったり、「誰にどう相談したらいいのかわからない」と面倒になったりして、結局実現しないというケースは多いようです。

興味がある場合は、まずは住宅会社や設計事務所に希望を伝えましょう。最初に相談しておけば予算のイメージもつきますし、具体的な家具の配置も考えやすくなります。

造り付け家具のメリットは、スペースを最大限に活かせるところにあります。1ミリの無駄もなく収納場所を確保することができますので、狭い空間の中でも予想以上にたくさんの物をしまうことができます。

ただし、デメリットもあります。造り付け家具を設置してしまうと、模様替えをしたくても動かすことができません。「子どもが大きくなったら部屋のつくりを変えよう」といった予定がある場合は家具がじゃまになってしまうことも。移動させることを考えれば、市販の家具が便利かもしれません。

また、部屋をすっきり見せたい人は、大きな収納棚は避けたほうがいいでしょう。たくさん入るからと物を増やしてしまうのは収納上手とは言えません。あえて物を増やさないことが、すっきりした収納の近道とも言えます。

デザインに妥協しない東京の狭小住宅会社12選

狭小物件の施工事例まとめ

狭小住宅を建てる際にこだわりたいこと

初めて狭小住宅を建てる人が知っておきたいこと