• No.1株式会社ホープス

    東京の狭小住宅会社ホープスのイメージ

    Official WebSite

  • No.2パパママハウス株式会社

    東京の狭小住宅会社パパママハウスのイメージ

    Official WebSite

  • No.3株式会社渡辺ハウジング

    東京の狭小住宅会社渡辺ハウジングのイメージ

    Official WebSite

HOME » 狭小敷地で家を建てるならこだわりたい3つのこと » SE構法で耐震・耐久性を向上

SE構法で耐震・耐久性を向上

狭小住宅に適したSE構法とは?東京でSE構法を採用している住宅会社や、家を建てた人からの評判をチェックしました。

狭小住宅にピッタリのSE構法

建物の高さが高くなるほど、耐震性・耐久性などの点で構造が重要なポイントになってきます。
3階建ての狭小住宅なら足元が狭い分、平屋の建物より頑丈に作ることが求められるのです。

こうしたなか、SE構法が耐震・耐久性を向上するとして木造建築物に広く使われるようになってきました。
SE工法とは、SE金物という金具や強度とバランスを両立した高精度集成材を使うことで、高い強度を実現する木造建築技術です。

吹き抜けなどの大開口部や壁を設けない間取り、ガレージが1階部分に設ける家にも最適。自由な設計と強い住まいを両立する構法でもあります。

SE構法のポイント

SE構法とはSE構法は、さまざまな強度基準をクリアしているところもポイントとなります。

  • その厳しい審査の一部を紹介しましょう。
  • 地震や台風などの自然災害へ耐えられること
  • 積雪や瓦、家具などの重みに耐えられること
  • 災害時に変形地でもバランス良く建っていられること
  • 1階がガレージでも建物が揺れやすくないか など

重量木骨の家が定めるプレミアムパートナーズ

世界に1つしかない住まいを作り、100年、200年経過しても住み続けることができる、そんな家づくりを目指して個性豊かな工務店が集う「木の家プレミアムパートナーズ」というネットワークがあります。

全国にわずか60店しかないこのグループ。
健全かつ優良な経営基盤があることも条件になっており、建てた後も末長く付き合っていける確証のある選りすぐりの工務店。
その1つに、このサイトでも紹介しているホープスも選ばれています。

強くて資産価値があって譲れない条件を反映させた家。
それこそ、本当の意味でこだわりの住まいを手に入れたといえるのではないでしょうか。