妥協しない狭小住宅会社ナビ【東京版】

狭小住宅だからこそ
デザイン」も「こだわり」も
妥協したくない!

狭小住宅だからと言って、ローコストでとりあえず建てる家なんて嫌。
設計の自由度が高くて、なおかつコストパフォーマンスもよい家づくりを行っている東京の狭小住宅施工会社をピックアップしました。

 

こだわりの狭小住宅を建てる建築工法の種類

狭小住宅を建てる際は、その敷地いっぱいに自分の理想を詰め込みたいでしょう。それでも予算の都合もある。
工法ごとにコストや自由度を比較してみました。

  コスト 設計の自由度
木造 ローコストで建築可能 低い
SE構法 コストを抑えられる ⾼い
RC コストはかかる とても⾼い
「コスト」と「こだわり」を両立した
狭小住宅づくりには「SE構法」がおすすめ!

木造では予算は抑えられるが、自由度が比較的低い。RCでは予算がオーバーする。2つの良いとこどりをするなら、木造で鉄骨のようなラーメン構造を作るSE構法がおすすめです。

ホープス03
引用元HP:ホープス公式HP
https://archi-hopes.co.jp/gallery/201704stgknk/

狭小住宅にぴったりのSE構法

SE工法とは、SE金物という金具や強度とバランスを両立した高精度集成材を使うことで、高い強度を実現する木造建築技術です。
木造のため、RCと比べてコストを抑えられ、通常の木造構造よりも強度が高く、構造の自由度が高いため、コストと敷地面積の限られた狭小住宅で理想の家を建てるためにおすすめの工法です

SE構法のプレミアムパートナーの中から、狭小住宅の建築実績が複数ある会社を施工実績順にランキングしました。(2021年6月7日時点)

ホープス

ホープス01

引用元:ホープス公式HP(https://archi-hopes.co.jp/gallery/201704stgknk/)

ホープス02

引用元:ホープス公式HP(https://archi-hopes.co.jp/gallery/201704stgknk/)

ホープス03

引用元:ホープス公式HP(https://archi-hopes.co.jp/gallery/201704stgknk/)

ホープス04

引用元:ホープス公式HP(https://archi-hopes.co.jp/gallery/201704stgknk/)

ホープス01
ホープス02
ホープス03
ホープス04

HPに掲載されている狭小住宅の
施工事例数:88

2021年6月7日時点

ホープスの公式HPで
施工事例をCHECK

電話で問い合わせる

ホープスのデザインと技術力に関する特徴

デザイン

「施主が人生を楽しむための住宅はなにか」とうい視点から家づくりを考えるのがホープスのスタイル。住む人の幸せな生活にまで目を配ったオーダーメイドのデザインを提供しています。

技術力

木造建築の中でも構造の自由度が効きやすい「SE構法」を採用。さらに、東京では13社のみしか認められていない重量木骨の家「プレミアムパートナーズ」として認定されています。

ホープスの口コミ

口コミ
理想の家ができる幸せを感じられました

自分たちが思ってもみなかった住まい方の提案をしてくれたのは、ホープスさんだけでした。
職人さんと色々話をする機会がたくさんあったことで、理想の家を丁寧に作り上げてくれているんだなという幸せを要所要所で感じることができたのは、本当に良かったと思います。

参照元:マンションコミュニティ(https://www.e-mansion.co.jp/bbs/thread/438189/)

口コミ
あらゆる提案で、理想の家を叶えてくれました

こちらの話を熱意をもって前のめりで聞いてくれさらにこちらの希望を掘ってそこで実現できるあらゆる限りの提案を出してくれました。実際に施工中も理想の家を叶えるべく色々と動いてくれた担当者さん始めホープスのスタッフさんたちには大変感謝しております。

参照元:マンションコミュニティ(https://www.e-mansion.co.jp/bbs/thread/438189/)

口コミ
私たち以上に私たちのことを考えてくれます

HOPEsさんでは、社長も含め担当の方は、私たちの予算や希望も聞きいていただきましたが、それ以上に私たちの幸せ感や暮らし方について広げていただきました。自分たちの考えていた予算よりも少し高い金額でしたが、はっきりと数字を出していただいたので結果的には良かったと思います。

参照元:マンションコミュニティ(https://www.e-mansion.co.jp/bbs/thread/438189/8/)

口コミ
素人には思いつかないようなアイディアを提案してくれる

半年間、素人なりにずいぶんと情報を集めた上で、こんな家にしたいというかなり具体的な案を作っていました。ところが、実際にお話をしてみると、私たちが思いもつかなかったようなアイデイアをいろいろ提案してくださるのです。まだ、初期の段階ですから、今後どのように進展していくかわかりませんが、家づくりを着実に進められそうだと思っています。

参照元:マンションコミュニティ(https://www.e-mansion.co.jp/bbs/thread/438189/10/)

ホープスの基本情報

所在地 東京都世田谷区尾山台3-24-6

ホープスの公式HP
を見てみる

電話で問い合わせる

参創ハウテック

参創ハウテック01

引用元:参創ハウテック公式HP(https://www.juutaku.co.jp/works/works_07.html)

参創ハウテック04

引用元:参創ハウテック公式HP(https://www.juutaku.co.jp/works/works_07.html)

参創ハウテック01
参創ハウテック04

HPに掲載されている狭小住宅の
施工事例数:02

2021年6月7日時点

参創ハウテックの公式HPで
施工事例をCHECK

電話で問い合わせる

参創ハウテックのデザインと技術力に関する特徴

デザイン

住まいの形を直接左右されることもある狭小地を、参創ハウテックは複雑な法的要素などを考慮しながら、敷地を最大限に活かせる住まいを建築家が提案します。

技術力

限られた敷地に家を建てるには、建築分野の情報を集めることや複雑な法律を理解することが必要です。参創ハイテックでは、これらの幅広い情報を建築士が収集&反映して、基本構造と施工につなげています。

参創ハウテックの口コミ

口コミが見つかりませんでした。

参創ハウテックの基本情報

所在地 東京都文京区大塚3丁目5−10 住友成泉小石川ビル

参創ハウテックの
公式HPを見てみる

電話で問い合わせる

KURASU

KURASU03

引用元:KURASU公式HP(https://kurasu.co.jp/works/尾山台の家-3/)

KURASU04

引用元:KURASU公式HP(https://kurasu.co.jp/works/尾山台の家-3/)

KURASU05

引用元:KURASU公式HP(https://kurasu.co.jp/works/尾山台の家-3/)

KURASU07

引用元:KURASU公式HP(https://kurasu.co.jp/works/尾山台の家-3/)

KURASU08

引用元:KURASU公式HP(https://kurasu.co.jp/works/尾山台の家-3/)

KURASU03
KURASU04
KURASU05
KURASU07
KURASU08

HPに掲載されている狭小住宅の
施工事例数:02

2021年6月7日時点

KURASUの公式HPで
施工事例をCHECK

電話で問い合わせる

KURASUのデザインと技術力に関する特徴

デザイン

女性スタッフならではの視点を活かし、ただデザインに凝った住宅ではなく、家族のライフスタイルに合った住宅設計をモットーとしています。

技術力

長期優良住宅の建築実績もあり、工法やプランに応じて、大手メーカーにもそん色ない保証をつけることが可能です。

KURASUの口コミ

口コミ
DIYの相談にも乗ってくれます

KURASUさんは施主のDIYや支給品の取り付けなどにも気軽に応じてくれるので、相談してみてください。これからずっと住み続ける家、部分的に手を加えたり、建てる人の意識も大切だと考えます。インテリアを楽しんだり、収納棚のかごやレイアウトを考えたり本当に毎日が楽しいです。

参照元:KURASU公式HP(https://kurasu.co.jp/voice/週末が楽しい家/)

口コミ
女性視点の家づくりがすごかった

女性ならではの視点、主婦目線で生活を考えてくださる家づくりには目を見張るものがありました。「要望を言えば言うだけ予算が上がっていく」のではなく、時には要望に関して厳しい意見も言ってくれるパートナー的存在で、本当に頼もしく安心できました。

参照元:KURASU公式HP(https://kurasu.co.jp/voice/すべてがお気に入りの家/)

口コミ
一緒に作り上げてくれる工務店

私たちの意見や要望に真剣に耳を傾けてくれ、プランが変化していくのを目の当たりにして、「一緒に私たちの家を考えてくれている」と、「一緒に作りあげていく感じ」を非常に感じました。

参照元:KURASU公式HP(https://kurasu.co.jp/voice/バルコニーで過ごすのが楽しみです/)

口コミ
キッチンの提案はさすが

さすがだなと思ったのは、「女性らしい細やかな提案」ですね。キッチン後ろにパントリーを付けてもらったので、買置きの品物や、季節ものの台所用品など、何でもしまっておけるところが便利です。

参照元:KURASU公式HP(https://kurasu.co.jp/voice/開放感あふれる家/)

KURASUの基本情報

所在地 東京都世田谷区奥沢2丁目18番1号

KURASUの
公式HPを見てみる

電話で問い合わせる

編集チーム厳選の東京の狭小住宅建設会社を紹介していきます。

スモールハウス

スモールハウス
引用元:スモールハウス公式HP(https://www.small-house.jp/result/川崎の住宅n邸/)

独自に築き上げた狭小地の探索ルートを活かして、土地選びから建築家、工務店の選択まで、総合的に相談に乗っている仲介業者。あらかじめ、施主が数名のデザイナーと面談を行った上で、依頼したい1人を選ぶことができる。狭小地でも、中庭やバルコニーといった空間を設けることで、ゆとりを感じられる工夫をしている。外部からの力に強いSE構法を用いた建設を行っている。

所在地
東京都杉並区和田3丁目59-10

晃栄ホーム

イーハウスデザイン
引用元:晃栄ホーム公式HP(https://kouei-home.jp/archives/3638/)

工務店・晃栄ホームのハウスブランド。「デザイナーズハウス1500」では、設計事務所と施工会社が協力し、狭小地でリーズナブルかつ洗練されたデザインの住宅を提供。建材などの仕様をパターン化するなどの工夫により、費用を抑えられるようにしている。そのため、妥協することなくハイクオリティのマイホームを建てることも可能。間取りをデザインする上で自由度の高い在来軸組工法を採用している。

所在地
東京都大田区北馬込2-54-15

フリーダムアーキテクツ

フリーダムアーキテクツ
引用元:フリーダム公式HP(https://www.freedom.co.jp/architects/case714/)

新築やリフォームを含め、さまざまな住宅設計を行っている設計事務所。施主のライフスタイルや希望にできるだけ応えたデザインを行っている。建設に関しては、登録されている工務店で競争入札にかけるため、別途営業経費などが発生せず、コストダウンにつながっている。好みに合わせた空間づくりがしやすい木造の在来軸組工法を採用。アフターサポートも受けられるため安心。

所在地
東京都中央区東日本橋 3-3-17

ザウス

ザウス
引用元:ザウス公式HP(https://www.zaus-co.com/case/narrowness/n002.html)

マイホームのための資金計画をはじめ、土地探しや設計、施工、インテリアまで総合的にプロデュースしている建築事務所。デザイナーは、1人に依頼するほか、複数人でのコンペも可能。コンペの際には、ザウスが予算や要望がきちんと反映されているかなどを施主と一緒に検討してデザイナーを決定している。施工会社は、競争入札で選ばれるが、デザイナーが不必要な工事がないかなどをチェックしているため安心。

所在地
東京都港区南青山3-5-1

サオビ

サオビ
引用元:サオビ公式HP(https://sa-obi.com/works/2011/07/1005/)

狭小住宅をメインとして手掛けている設計事務所。土地探しから建設後のアフターサービスまでをサポートしている。提携している不動産会社から土地情報を入手していて、施主が気になる物件があれば、一緒に物件確認へ行くことも可能。施工については、数社の工務店から見積もりの提示があり、その中から予算や施主との相性などを検討して選ぶ。狭小住宅の経験が豊富なため、外部空間をインテリアに取り込むなどの、狭小住宅向けのノウハウを駆使した木造建築に定評がある。

所在地
東京都渋谷区南平台町9-13

仲村建築店

仲村建築店
引用元:仲村建築店公式HP(https://www.design-kenchiku.jp/b_room-w_house.html)

デザインから施工までを自社で一貫して行っている建築店。「フライハウス」というデザイナーズハウスブランドを提供している。家族構成などにも考慮し、施主の願いを実現できるオリジナリティのあるデザインが特徴。木炭でシロアリ被害を予防したり、床下調質剤を防腐剤として利用したりするなど、ナチュラルな素材を活用している。同時に、SE構法を採用することで強度の高い狭小住宅を目指している。

所在地
東京都世田谷区赤堤5-1-13

会社一覧を見る

ブリス/BLISS

ブリス
引用元:ブリス公式HP(https://bliss-d.com/construction/ガルバリウム鋼板の狭小住宅.php)

東京都内とその近郊を中心に住宅を手がけるブリス/BLISSは狭小住宅を専門に扱っている。 建築面積の平均は約12坪と非常に狭いが、それを最大限に活かした工夫として、デッドスペースを収納場所として有効利用したり、吹き抜けや勾配天井で視覚的に広い空間を演出している。 さらに、まだ業界内では十分に浸透していない『天空率』を利用。これは平成15年施行の改正建築基準法に追加された制度で、利用している業者はまだ少ないようだが、ブリス/BLISSでは自社の設計部門が必ず天空率を計算し、建築空間をより広く取れるか検討してくれるとのこと。

所在地
東京都文京区湯島3-36-3

サカエ建設

サカエ建設
引用元:サカエ建設公式HP(https://www.sakaekensetu.co.jp/works/narrow.html)

創業以来40年以上の実績を持つサカエ建設は、狭小住宅であっても施主の要望をふんだんに取り入れてオリジナリティを高める「十人十色の家づくり」を得意としている業者。仕様や設備はハイグレードなものを使いながらもコストダウンの工夫もしているため、手ごろな価格でしっかりとした仕様・設備の家が建てられるという点も評価されています。そんなサカエ建設についてもっと詳しく知りたいという方のために、ここでは特徴や建築事例・口コミなどの情報をお届けします。

所在地
神奈川県相模原市中央区矢部2-30-6

オーワークス

オーワークス
引用元:オーワークス公式HP(http://www.o-works.com/works/t-hous.html)

東京都目黒区にある工務店、オーワークスは確かな施工技術と設計提案力が持ち味です。品質を重視する一方、予算に合わせた家作りにも対応、資金計画の相談など施工以外のサポートも充実させています。創業は折田左官工業として立ち上げた大正元年、代表取締役は自ら一級建築士の資格を持つ折田清一氏です。対応地域は目黒区や品川区など東京都中心ですが、横浜や埼玉などでも施行実績があります。

所在地
東京都目黒区碑文谷6-4-7

TIME+

 TIME+
引用元:TIME+公式HP(https://www.time-plus.jp/works)

TIME+は土地の条件を把握して、最大限に可能性を引き出した上で、それぞれの理想やこだわりを形づくるために努力しています。固定観念にとらわれず、全ての条件を踏まえた上で、デザイナーが様々な引き出しからアイデアを出しますので、悪条件に見える土地でも理想の住まいづくりをしてくれます。

所在地
東京都江東区亀戸3-48-5 夢添加ハウス101号室

トヨタホーム

 トヨタホーム
引用元:トヨタホーム公式HP(https://www.toyotahome.co.jp/chumon/jitsurei/0177/)

トヨタホームは、愛着のある住まいにいつまでも安心して暮らせるような、家族の幸せを末永く育める住まいづくりをします。歳月に負けない強い家は徹底的に品質を追求したトヨタ生産方式によって作られていて、トヨタの創業期から受け継がれてきたスローガンである「よい品よい考」が工場内に掲げられています。

所在地
愛知県名古屋市東区泉1丁目23番22号

兼六土地建物株式会社

兼六土地建物株式会社
引用元:兼六土地建物株式会社公式HP(https://www.ken6-t.com/works/1847/)

サステナブル住宅、兼六の家は、それぞれの生活スタイルに合わせた二世帯住宅。兼六土地建物株式会社の家は、長く快適に住み続けられて、住まう家族が愛着を感じること。長く快適に住み続けるために最も大切なことは、家自体が健康で、長寿命な建築であるということです。

所在地
東京都武蔵野市吉祥寺北町1-29-1

株式会社アイホームズ

株式会社アイホームズ
引用元:株式会社アイホームズ公式HP(http://www.igarasi.com/17999.html)

昭和43年の創業時から、株式会社アイホームズの信念は「孫の代まで安心・安全な家づくりをすること」です。デザインはもちろん、強い家にこだわりを持ち、構造や断熱性能などの見えない部分も重視した家づくりを提案します。それが株式会社アイホームズの住宅の基準です。

所在地
東京都墨田区八広5丁目25番4号

株式会社アキュラホーム

株式会社アキュラホーム
引用元:株式会社アキュラホーム公式HP(https://www.aqura.co.jp/lp/sankai/)

品質・性能・デザインに優れたいい家が1000万円台から建てられる株式会社アキュラホームは、1978年の創業以来、地域密着の家づくりを展開しています。未上場企業ですが、これまでいくつもの挑戦を重ねて実績を積み、多くの評価を得ていtえ、これからも着実に成長を続け、たくさんの住まいづくりのお手伝いをします。

所在地
東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビルディング34F

株式会社東京ビルド

株式会社東京ビルド
引用元:株式会社東京ビルド公式HP(https://www.tokyobld.co.jp/works/00060094/)

株式会社東京ビルドは特に狭小住宅が得意で、既成の概念にとらわれない自由な発想を持ち、限られたスペースを最大限に利用した居住空間を提供します。無駄を徹底的に省いた、予算を大切にしたローコスト住宅を実現してくれます。

所在地
東京都渋谷区東2-14-13 leaf east B1

株式会社藤友コーポレーション

株式会社藤友コーポレーション
引用元:株式会社藤友コーポレーション公式HP(https://toyu-corporation.co.jp/page_results/1%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%81%ae%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab%e3%81%ae%e3%82%88%e3%81%86%e3%81%aa%e5%ad%a6%e7%94%9f%e3%82%a2%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%88-copy/)

株式会社藤友コーポレーションは、これまでの経験からなる家づくりのノウハウと、実績からなる確かな裏づけを持ち、要望とこだわりを叶えるための家づくりをします。対話からはじまる家づくりを一番大事にしているので、安心して施工を任せられる会社であると自負しています。

所在地
東京都小平市たかの台25-4

ロイヤルハウスFC本部

ロイヤルハウスFC本部
引用元:ロイヤルハウスFC本部公式HP(https://www.royal-house.co.jp/work/work-1012/)

ロイヤルハウスFC本部は、先人の知恵と革新的なテクノロジーを融合させたロイヤルSSS(スリーエス)構法で、新しいニッポンの家づくりをします。天然素材である木の強さや優しさ、伝統的な木造建築の美しさや賢さを活かし、末永く、安心して暮らせる木造住宅を提供してくれます。

所在地
愛知県名古屋市中区丸の内3丁目20番3号 BPRプレイス久屋大通 4階
坪数別
10坪の狭⼩住宅
引用元:ホープス公式HP(https://archi-hopes.co.jp/gallery/t様邸/)

10坪の狭⼩住宅

壁や柱を可能な限り使わず、広々と感じるリビングを実現しています。さらに室内も圧迫感を軽減するデザインの鉄骨階段を設けるなど広く見せる工夫が随所に施されており、目からうろこの住まいです!

15坪の狭⼩住宅
引用元:リバティホーム公式HP(https://www.liberty-home.biz/work/700/)

15坪の狭⼩住宅

カウンターキッチンとのつながりでリビングを広々と見せるなど、スペースを広く見せる工夫を盛り込んだ住宅。水回りも一箇所にまとめられていて、家事の動線もよく考えられています。

20坪の狭⼩住宅
引用元:渡辺ハウジング公式HP(https://www.e-iezukuri.biz/work/156/)

20坪の狭⼩住宅

およそ21坪の土地に建つ3階建ての二世帯住宅です。
耐震性や断熱性に優れた2×4工法が用いられており、屋上には開放感のあるバルコニーが設けられている点も特徴です。

30坪の狭⼩住宅
引用元:フリーダムアーキテクツ公式HP(https://www.freedom.co.jp/architects/case617/)

30坪の狭⼩住宅

都心に建てられた、オシャレなビルトインガレージ付きの狭小住宅です。
黒い箱のような外観の中で、真っ赤な玄関扉が印象的に映えており、いつでも愛車を眺められる1階ガレージも個性的なデザインを象徴しています。

設備別

収納アイデア

収納アイデア
引用元:ホープス公式HP(https://archi-hopes.co.jp/gallery/mh様邸/)

限られた空間の活用方法として、ダイニングからキッチンにかけて出窓をとり入れ、棚としても活用できるようにした事例を紹介します。部屋に広がりも生まれ、開放感があります。

動線設計

動線設計
引用元:ホープス公式HP(https://archi-hopes.co.jp/gallery/201704stgknk/)

パントリーをキッチンと同階に設置し、調理をする際に最低限の時間で対応することができる動線を構築した事例を紹介します。

寝室

寝室
引用元:ホープス公式HP(https://archi-hopes.co.jp/gallery/北側採光の家/)

北側の優しい光を活用したいという施主の要望に応え、大きな吹き抜けを使って光を入れるようにデザインされた狭小住宅です。3階全体が大きな吹き抜けと繋がる寝室なっており、家族の気配を心地よく感じることができるようになっています。

バスルーム

バスルーム
引用元:ホープス公式HP(http://archi-hopes.co.jp/blog/gallery/kn様邸/ )

建物が隣接していますが、住宅内を大きな吹き抜けを使用し光を取り入れられるようなデザイン。また、バスルームの扉部分をガラスの透明な素材を使用することにより、閉塞感を減らして解放感を感じる作りに変化させることができました。

キッチン

キッチン
引用元:仲村建築店公式HP(http://www.design-kenchiku.jp/k-building.html)

リビングとキッチンをそれぞれ別空間で区切ることができるほどのスペースがない場合は、いっそのことリビングとキッチンをつなげてしまうのもひとつの手です。両方の空間を区切る壁やカウンターがなければ、家事の最中も自由に動き回ることができます。

書斎

書斎
SUVACO(https://suvaco.jp/project/QQm2OBtudT#R9FvkbP7HD)

天井まで届くような高い本棚で仕切ることにより、横ではなく縦への広がりを意識させていることで、わずか2畳のスペースに作られた書斎に広がりとくつろぎを実現した事例です。

他の設備を見る

中庭

中庭
引用元:ハウスネットギャラリー 注文住宅HP(https://www.hng.ne.jp/case_detail150-5.html)

コの字型の吹き抜けのある家にして、狭小ながら上方に広がりを感じさせる中庭を出現させています。

ロフト

ロフト
引用元:国工務店公式HP(http://www.kuni-koumuten.co.jp/cms/example/02/)

5人家族が暮らす小さな家。リビング東側のロフトに続く階段周辺には、デスク、テレビ台、収納、さらには柱の厚みを生かした本棚など、限られた空間を見事に活かした工夫が詰まっています。

スキップフロア

スキップフロア
引用元:BLISS公式HP(https://bliss-d.com/construction/ex04.php)

玄関を開ければ広々とした玄関。右の階段は2階リビングへ、左の階段は半階下の書斎&キッズルーム。リビングの半階上は天窓のある明るいダイニング。全く無駄のない窓を活用した明るい空間が特徴です。

ガレージ

ガレージ
引用元:BLISS公式HP(https://bliss-d.com/construction/%E3%82%AC%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B9%E7%8B%AD%E5%B0%8F%E4%BD%8F%E5%AE%85.php)

ダークグレーの壁に、シルバーのラインが目を引く狭小地のガレージハウス。
1階部分にシャッター付きのビルトインガレージを設けることで、室内にいながらでも、大切な愛車の姿をいつでも眺められます。

地下室

地下室
引用元:クレバリーホーム城東店公式HP(https://cleverlyhome.tokyo/item-case/case23/)

当初は駐車スペースとして地下に1台、1階に1台という階層別の駐車場を計画していたようです。 しかし、面積的に2台並べて車を置けるスペースがあったため、あえて半地下の駐車場を設計。デザイン面・使いやすさ共に優れた家が実現しました。

バリアフリー

バリアフリー
引用元:匠陽公式HP(http://www.show-yo.com/sekou/renov13/)

玄関から屋内へと続く動線や浴室、トイレなどにつながる動線も段差を解消して、 引き戸で開け閉めが徹底されています。
また、階段には上下二段の手すりを設けた他、キッチンにはイスと同じ高さの小上がりを設置して畳を敷くことで、 ちょっとした時に休めるスペースを確保しています。

こだわり別

3階建てで⼗分な広さを⼿に⼊れた家

3階建てで⼗分な広さを⼿に⼊れた家
引用元HP:ホープス公式HP
(https://archi-hopes.co.jp/gallery/狭小でも2台駐車の家/)

2台分のガレージがある家

間口の小さい敷地に2台分の駐車スペースが欲しい…そんな要望を、SE構法と立体駐車場にすることで実現した狭小住宅。しかも1階には書斎などに使う部屋も設けています。立体駐車場にするため天井の高さを取った分、書斎も広く感じるそうです。

ゆとりある二世帯の家

ゆとりある二世帯の家
引用元HP:ホープス公式HP
(https://archi-hopes.co.jp/gallery/都市型2世帯の家-うめハウス/)

敷地に梅の木がある二世帯狭小住宅

敷地には梅の木がそびえ、ただでさえ狭い土地を圧迫。しかし、その木を使ってステキな二世帯住宅を実現しています。

ペットと暮らしやすい狭小住宅

ペットと暮らしやすい狭小住宅
引用元HP:ホープス公式HP
(https://archi-hopes.co.jp/gallery/ペットと暮らす変形旗竿敷地の家/)

犬の足腰と動線に配慮した狭小住宅

ペットの犬が階段を頻繁に上り下りしなくても良いように、3階建てのスペースを2階建てで確保しています。階段脇には、犬用のスロープも設けています。
また、犬に負担の少ないコルク製のタイルを床材に選び、床暖房も導入しており、一年中犬がのびのびと暮らせる住宅です。

狭小住宅の日当たり

狭小住宅の日当たり
引用元HP:ホープス公式HP
(https://archi-hopes.co.jp/gallery/北側採光の家/)

吹き抜けを活用した北側採光の家

北側からの採光を活かした家を建てたいと言う、施主のこだわりを叶えた家。 8坪の建築面積に大きな吹き抜けを設け、さらに2階LDKは間仕切りをカットしたワンルームとなっており、 取り込んだ自然光を部屋の隅々まで届けています。

狭小敷地にこだわりの住まいを建てるコツを紹介します。デザインやライフスタイルなど、要望をかなえるヒントにしましょう。

こだわるべきポイントや性能についてなど、詳しくまとめていますのでぜひ参考にしてください。

狭小住宅を初めて建てる方に知っておいてもらいたいことをまとめてみました。

そもそも狭小住宅とは?から狭小住宅を建てる際のポイントや費用感、注意点などをまとめています。