こだわり派のための狭小住宅会社ナビ【東京版】 » 狭小物件の施工事例まとめ » ガレージ

ガレージ

ガレージのある狭小住宅の施工例

ガレージのある狭小住宅について、施工例を集めました。

愛車とともに暮らす狭小地のガレージハウス

ガレージハウス1
引用元HP:ブリス公式HP
https://bliss-d.com/construction/%E3%82%AC%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B9%E7%8B%AD%E5%B0%8F%E4%BD%8F%E5%AE%85.php

ダークグレーの壁に、シルバーのラインが目を引く狭小地のガレージハウス。
1階部分にシャッター付きのビルトインガレージを設けることで、室内にいながらでも、
大切な愛車の姿をいつでも眺められます。

外観やガレージのシャッターだけでなく、内装も全てシルバーの外車をモチーフにし、
シックでシンプルモダンなデザインがベース。
玄関扉にもシルバーホワイトが採用されるなど、スタイリッシュなこだわりが印象的な家です。
1階の廊下からは、壁一面のはめ殺し窓の向こうにある愛車を鑑賞できる上、
雨の日でも濡れることなく車の乗り降りができます。
さらに、内装を愛車のカラーに合わせて黒・白・シルバーで統一している点に、施主のこだわりが溢れています。

木造耐火でビルトインガレージ付きの狭小住宅(東京都文京区)

ガレージハウス2
引用元HP:クレバリーホーム公式HP
https://cleverlyhome.tokyo/item-case/case22/

1階に2台分のガレージを設置した、木造耐火の3階建て狭小住宅。
縦長の敷地に合わせて快適な居住空間を得るために、通常は横置きにするキッチンを縦置きにするなど、
様々なこだわりが詰まっている住宅です。

1階部分のガレージには、前後に2台の車を並べて停められるほどのスペースが確保され、
玄関はガレージの奥に設けられています。
車を停めるための床と、道路から玄関まで続く部分で、床材が変えられていることもポイント。
外観はグレーベースのシックなデザインですが、内装には温かみのある木材や、
オシャレな照明器具が使われ、住む人のセンスの良さを象徴しています。

少しの空間も無駄にしないガレージ付き住宅(東京都文京区)

ガレージハウス3
引用元HP:クレバリーホーム公式HP
https://cleverlyhome.tokyo/item-case/case18/

2階部分の明るい吹き抜けと、1階部分のビルトインガレージを両立した狭小住宅。
施主のこだわりとして、1階部分をガレージとして活用しながら、家族の居住空間を確保し、
2階から3階にかけての明るい吹き抜けが求められていました。
そこで、吹き抜けの開口部を調整することで、
1階から3階までスペースを最大限に活用。

吹き抜けスペースは、畳1枚半という小さなものながら、
綿密な採光計算により、3階部分の部屋を狭くすることなく、
家全体を明るくすることに成功しました。

狭小住宅のガレージは?

狭小住宅では、建物とは別にガレージを設けることは、土地の大きさから難しいことが一般的です。また、地価の高いエリアだからこそ、あえて狭小住宅を選ぶという人にとって、周辺の駐車場をわざわざ高いお金で借りるということもナンセンスでしょう。そのため、駐車スペースを敷地内に確保したい場合、1階部分や地下にガレージを設ける、ビルトインガレージ(インナーガレージ)が選ばれやすくなっています。

車にとっての保管環境や利便性は?

狭小住宅の一部としてガレージを設置する方法には様々なタイプがあり、シャッターを完備された本格的なビルトインガレージから、1階部分の空間が駐車スペースになっているだけのものまで、デザインやスタイルは施主のニーズや設計士の技量によって異なります。

1階部分がガレージとなっている場合、まず屋根があるので雨の日でも濡れることなく車の乗り降りが可能です。さらに、車へ降り注ぐ雨雪の影響を減らせるので、車にとって屋外に駐車するよりも優しいことは事実でしょう。

さらに、シャッター付きのガレージでは、家の構造的に敷地内へ完全に入らなければ車に接触できない造りにするなど工夫を加えることで、外部からの車両の盗難を防ぐ防犯上のメリットも挙げられます。

狭小住宅でビルトインガレージを作るメリット・デメリット

狭小住宅と相性の良いビルトインガレージですが、そこには安全な保管環境や乗り降りの便利さの他にも様々なメリットがありますが、デメリットも存在します。

ここでは、狭小住宅でビルトインガレージを設けるメリット・デメリット、また設計する際の注意点などについて紹介していきます。

ガレージ付き狭小住宅のメリット

他に駐車場を借りなくても、車を自宅の敷地内に置いておけることが最大のメリットです。加えて、月々の駐車代を節約でき、雨や雪をしのげる場所で乗り降りできるので、車だけでなく家族にとってもストレスは減ります。また、重たい荷物などを運ぶ際も、利便性が高いでしょう。車両の盗難を防止しやすい点もメリットです。

さらに、愛車をインテリアとして取り入れられることも見逃せません。特に車好きな人にとっては、愛車は生活の一部であり、こだわりの愛車とマッチした住宅デザインを選ぶことで、より一層家や車への愛着が増すことでしょう。

また、もしも車を手放すときが来たとしても、ガレージ空間はそのまま残るため、改めて趣味のスペースなどとして再活用していくことも可能です。

車に乗る人だけでなく、家族全員が満足できるガレージ空間を作り上げるためにも、将来のことも見据えた設計をおこなっていくことが大切だと言えます。

ガレージ付き狭小住宅のデメリット

狭小住宅でビルトインガレージを設置のデメリットに、費用面の問題があります。費用は家によって異なりますが、原則的にビルトインガレージを希望すると建築コストは高くなるのです。

次に、ガレージありきで設計を進める場合、間取りや空間活用の自由度が減るデメリットもあります。

ビルトインガレージを持つ家の場合、どうしても開口部を広く確保しなければならず、構造的にバランスが悪くなってしまうためです。特に、木造住宅では2階より上を支える柱に特殊なものを採用する必要があり、場合によっては、木造住宅ではビルトインガレージ付きの狭小住宅を建てられないケースもあるでしょう。

その他にも、生活空間と車との距離が近くなるので、早朝や深夜に出入りする場合、防音対策をしなければ家族にとってストレスになることもあります。

狭小住宅のガレージで注意しておきたいその他のポイント

狭小住宅でビルトインガレージを持つ場合、他にも多くの注意すべきポイントがあります。

例えば、シャッター付きのガレージにする場合、外からの光を遮断してしまうため、採光や照明に工夫しないと1階部分が暗くなる事態も考えられるでしょう。また、道路との設置範囲や、車の動ける範囲が狭ければ、ガレージから出入りする際に車を壁や柱へぶつけたりこすったりしてしまう可能性も高まります。

その他にも、現在の車のサイズだけでなく、将来的に買い替えた場合のことも考えてスペースの計算をしなければ、いざ車を入れようとしても入らない可能性もあります。

一方、あえて地下や半地下部分にガレージを設けることで、容積率の緩和によって、地下空間として利用できる範囲を広げられ、狭小地を最大限に有効活用することも可能です。

ガレージ付きの狭小住宅で暮らそう

狭小住宅における車の保管問題。空間を有効活用して快適な住まいを作り上げる技術を生かして、ガレージ付きの住居を建てるという選択肢があります。 また、作り上げたガレージ空間は車を保管するだけに限らず、家族で趣味を楽しんだりと、様々な用途に活用できるのでオススメです。

オシャレで便利なビルトインガレージ付きの家は、多くのメリットと注意すべきデメリットがあり、それらのバランスを総合的に考慮し、かつ将来のライフスタイルも想定したデザイン設計をおこなう必要があります。

そのため、ガレージ付きの狭小住宅で快適な生活を叶えようと思えば、何よりもまず施工実績が豊富で、ビルトインガレージに詳しい業者を見つけることが重要です。

東京には多くのハウスメーカーや工務店などがありますが、それぞれに得手不得手があるため、比較検討を繰り返し、自分のニーズにベストマッチした会社を探していきましょう。

こだわりもコストも妥協しない
狭小住宅を叶える
建築会社5選【東京版】

さっそく5選をCHECK!