こだわり派のための狭小住宅会社ナビ【東京版】 » デザインに妥協しない東京の狭小住宅会社リスト » スウェーデンハウス

スウェーデンハウス

公開日: |更新日:

2024年に設立40周年を迎える建築会社、スウェーデンハウス。長寿命の品質と、依頼者の理想実現を目指すアプローチが魅力です。スウェーデンハウスの特徴を詳しく紹介します。

スウェーデンハウスの特徴

世代を越えて住み継ぐ家

スウェーデンハウスでは、住み心地や利便性だけでなく、長期的に残る資産として家づくりのアプローチをします。「高気密、高断熱、家族を守る家づくり」というコンセプトを掲げ、100年住める家づくりを目指しています。また、基本構造を変えずに家づくりを続けており、定期点検のしやすさ・メンテナンスしやすいのも特徴です。

創業40年を迎える長い歴史と実績

スウェーデンハウスは1984年に設立されました。2024年には設立40年を迎え、これまで3万棟以上もの施工実績を誇っています。狭小住宅はもちろん、医院併用住宅、店舗併用住宅なども手掛けています。

実物大の家を使った実験に耐えうる耐震性能

日本の家づくりにおいて無視できないのが、耐震性能です。スウェーデンハウスでは、ホールダウン金物、アンカーボルト、帯金物(S65)、フレームコーナーなど、耐震への技術を導入。阪神淡路大震災の2倍にあたる振動や、震度6以上の振動にも19回耐えた実験結果を出しました。

長い耐久性を誇る通気工法

スウェーデンハウスの手掛ける家は、棟内の空気が循環し、湿度の高い空気が滞留しません。木部の防腐や防蟻に優れ、長く住める家づくりに役立っています。

また、スウェーデンハウスで採用している木材は、おおむね15%以下に保たれ、強度が高い傾向があります。構築剤や合板部分には、健康や環境にやさしいホウ酸を漬け込んでいます。ホウ酸には木材腐朽菌やシロアリから木材を守り、家の寿命を延ばす効果を期待でき、北欧や北米でよく採用されている技術です。

国土交通大臣指定の北欧材を使用

スウェーデンハウスでは、樹齢80年前後のスウェーデン材を使用しています。建築材として国土交通大臣の指定を受けており、また、ヨーロッパでも基準を満たす証である「CEマーク」の認証を受けています。現地スウェーデンに工場を構え、高い品質の建材を安定的に仕入れる体制を実現しました。

北欧由来のユニバーサルデザイン

スウェーデンハウスは廊下や階段の幅を広めにデザインしており、ゆったりとしたスペースで車椅子でも問題なく利用できます。段差の解消や最小化といったバリアフリーにも考慮されており、手すりはつかみやすく溝が設けられ、高齢者にも寄り添った設計になっています。また、バスルームや玄関など、水に濡れる可能性がある場所においては、滑りにくい床材を使用。家族でも安心な設計です。

スウェーデンハウスが
建てた東京の狭小住宅施工事例

洗練された機能美あふれる空間

スウェーデンハウス
引用元:スウェーデンハウス公式サイト
(https://www.swedenhouse.co.jp/voice/detail.php?seq=284)

白を基調にデザインされた爽やかな内装デザインです。また棚やレンジなどの必要な機能をキレイに収納できるため、洗練された印象を与えています。

限られた空間でも実用的で上質な空間

スウェーデンハウス
引用元:スウェーデンハウス公式サイト
(https://www.swedenhouse.co.jp/voice/detail.php?seq=293)

限られたスペースながら実用的なデザインで、暮らしに必要な物をまとめやすい内装空間に仕上がっています。また内装材やインテリア、ライトに統一感があり、上質な雰囲気を演出しています。

スウェーデンハウスで
東京に家を建てた人の声

会社概要

会社名 株式会社スウェーデンハウス(英文名:SWEDEN HOUSE Co.,Ltd.)
所在地 本社:東京都世田谷区太子堂4-1-1 キャロットタワー23F
登録・許可 特定建設業 国土交通大臣許可(特ー4)第13225号
宅地建物取引業 国土交通大臣免許 (8)第4255号
こだわりもコストも妥協しない
狭小住宅を叶える
建築会社5選【東京版】

さっそく5選をCHECK!

こだわり派におすすめ!
東京で狭小住宅を建てる会社5選