• No.1株式会社ホープス

    東京の狭小住宅会社ホープスのイメージ

    Official WebSite

  • No.2パパママハウス株式会社

    東京の狭小住宅会社パパママハウスのイメージ

    Official WebSite

  • No.3株式会社渡辺ハウジング

    東京の狭小住宅会社渡辺ハウジングのイメージ

    Official WebSite

工務店とハウスメーカーの違いとは?

注文住宅の会社は、大きく分けて工務店とハウスメーカーが存在しています。こちらでは、それぞれの会社の特徴とメリットなどについて紹介します。参考にしてみてください。

工務店とハウスメーカーの違いは

工務店とは

地元密着型で施工を行っている会社のことを指すことが多いですが、ハウスメーカーのフランチャイズ店やモデルハウスや住宅展示場を設けていて自社ブランドを持つビルダーなどの会社があります。

工務店のメリット

工務店は比較的自由度が高くなっており、デザインや間取りなども希望に合わせて柔軟に対応してくれます。広告費をはじめとしたコストがあまりかかっていないため、住宅の価格も比較的安価になっています。地域密着型の会社が多いので、引き渡し後もライフスタイルの変化が起きた時や修理が必要になってきたときも丁寧に対応してもらえます。理想や希望に沿って自由に設計してくれて、費用も抑えることが可能な点がメリットといえそうです。一からオリジナルで住宅を作りたい方にはおすすめです。

ハウスメーカーとは

ハウスメーカーは全国展開しており、施工エリアも広く対応しています。ライフスタイルに合わせてあらかじめプランが設定されているため、住宅の品質や工期も安定しています。

しかし、工務店に比べて自由度は低く、広告費をはじめとするコストが上乗せされているため価格が高くなりやすくなっています。

ハウスメーカーのメリット

ハウスメーカーは、全国にある支店でしっかりと品質管理されていることが多く、品質が一定に保たれています。1軒ごとの仕上がりにばらつきが無いので安心して依頼できる点がメリットといえるでしょう。

オリジナルの技法を開発している場合も多いです。それぞれのハウスメーカーが個性を持ち、この会社だからこそ作れるデザインや構造の住宅というのもあります。

ローン会社で融資を受ける場合にもハウスメーカーの住宅は木造や鉄骨造などに特化した住宅が多く、耐震基準も高い基準を満たしていることも多いので住宅ローンの審査にも通過しやすい傾向があります。

どのような住宅にしたいか漠然としていたり、決まっている中から選んだりしたい方にはおすすめです。

工務店・ハウスメーカーの選ぶポイントは

予算や希望する間取り・デザインでチェック

注文住宅を検討する場合は、事前に家族でどんな家にしたいかを整理して希望するテイストやデザインを決めておきましょう。そして、会社の施工事例やプランを見ながらどのような住宅を作っているのか、得意なデザインや構造をチェックすることが大切です。3~5社程度に候補の会社を絞って、より会社のことや建てている住宅のことがわかる資料を請求したり実際に住宅展示場やモデルハウスなどで詳しい話を聞いてみたりして会社を選んでいくのがポイントです。

ハウスメーカーの場合は、材料メーカーが会社の規定で決まっていることもありますのでその部分もチェックしましょう。

これまでの施工実績・施工事例も見てみる

施工実績から会社の得意なデザインや構造などをチェックしておきましょう。これまで作ってきた住宅の実績を見ることでその会社の特徴もわかってくると思います。完成見学会や建設途中の現場を見学できる場合は参加してみると、その会社がどのような住宅を建てているのかがわかります。

また、建設途中の現場を見せることは会社と施工主の間にしっかりと信頼関係が築かれていないとできないことなので、信頼できる会社と判断することもできます。

狭小住宅を得意とする建築会社を選ぼう

工務店もハウスメーカーも狭小住宅を得意とする会社もあまり得意ではない会社もあります。しっかりと情報を集めて、狭小住宅を建てることに適した会社を選びましょう。

デザインに妥協しない東京の狭小住宅会社12選

狭小物件の施工事例まとめ

狭小住宅を建てる際にこだわりたいこと

初めて狭小住宅を建てる人が知っておきたいこと