• No.1株式会社ホープス

    東京の狭小住宅会社ホープスのイメージ

    Official WebSite

  • No.2パパママハウス株式会社

    東京の狭小住宅会社パパママハウスのイメージ

    Official WebSite

  • No.3株式会社渡辺ハウジング

    東京の狭小住宅会社渡辺ハウジングのイメージ

    Official WebSite

狭小住宅は平屋と二階建てどっちで建てた方がいい?

狭小住宅を建てる場合、平屋と2階建てどちらが向いているのでしょうか。こちらでは、平屋と2階建てのそれぞれの特徴・メリットを紹介していきます。建てる際の参考にしてみてください。

平屋とは

平屋は、1階部分のみの住宅のことを指します。2階部分が無くて段差が少ないため。バリアフリー住宅にしやすく、老後の生活はもちろん階段や段差での怪我が心配な子育て世帯にもおすすめです。

広い土地が必要になり、価格が2階建てに比べて高くなりやすい、家の中央部分は日当たりが悪くなりやすいといったデメリットもあるため、注意が必要です

平屋のメリットとは?

段差の心配が少ない

平屋では、階段をはじめとした段差が少なくなっており、バリアフリー化した住宅に設計してもらうことも可能です。部屋ごとの距離も短いため、家事や生活動線をとりやすくなっています。老後のセカンドライフの住宅としても生活しやすく、子育てもしやすい構造となっています。

家族間の距離が近い

平屋建ては、1階と2階にフロアが分かれていないため、自然と同居している家族と顔を合わせる機会も増えます。家族同士の会話が増え、子供が自分の部屋に直接行き来してしまって家族の会話が減ってしまうということもありません。一人一人の時間も大切ですので、家族が自分の時間をゆっくり過ごせるように配慮した間取りも大切です。

住宅が安定しやすい構造

平屋は、家の構造がとてもシンプルになっています。そのため、家の重量も比較的軽くなっています。耐震性の面では、重量が重いと影響を受けやすく、軽いと受けにくい傾向があります。平屋は近年増加している地震に関しても安心でき、住宅として安定している構造といえそうです。

二階建てとは

二階建てとは、家の部分が1階と2階で別れた構造の住宅のことを指します。狭い土地でもゆとりのある生活スペースを確保しやすくなっています。土地が高い市街地では二階建てがメインとなっています。段差が家の中にあるので、高齢者や子供がいる場合には工夫が必要です

二階建てのメリットとは?

住み分けができる

2階建ては1階と2階でフロアが分かれているため、狭い土地であっても広い生活スペースが確保できるように設計することが可能です。フロアごとにすみわけをすることが可能なので、それぞれのフロアにトイレやお風呂を設置して2世帯住宅にすることもできます。

工夫次第で日当たりを改善できる

狭い土地に家を建てる際には、隣や向かいなどにある建物との距離によっては日当たりが悪くなってしまうことがあります。しかし、二階建ての住宅であれば二回リビングの設置をはじめとした工夫をすることが可能です。

適度な距離を持つことができる

家族同士との会話は大切ですが、一人一人の時間の確保も一緒に生活していく上で重要です。2階建て住宅であれば、自分の部屋を持ったり生活音をあまり気にすることなく生活することができます。

それぞれのメリットを理解したうえで住宅設計を考えよう

平屋は段差が少なくバリアフリーにもしやすい住宅で、2階建ては住み分けがしやすい住宅でした。狭小住宅を建てる場合には、土地の特徴やメリットについて理解した上で、自分に合った住宅のタイプを選びましょう。

デザインに妥協しない東京の狭小住宅会社12選

狭小物件の施工事例まとめ

狭小住宅を建てる際にこだわりたいこと

初めて狭小住宅を建てる人が知っておきたいこと